鉄道ホビダス

2018年12月14日アーカイブ

【JR東】カヤ27-501 大宮出場

藤原匡秀(東京都)
20181214192443-89e89c03c6eb243db00acc95f4e4f87ca211391d.jpg 今回は貨物10番線に据え付けられた、EF81 139〔田〕牽引のカヤ27-501。
'18.12.13 東北本線 大宮
 JR東日本では、9月11日に検査のため大宮総合車両センターに入場していた、尾久車両センター所属E26系〈カシオペア〉用客車の予備電源車カヤ27-501が、12月13日に全般検査を終えて同センターを出場し、大宮~東大宮(操)~大宮(操)~尾久の経路で、所属基地である尾久車両センターまで配給輸送された。牽引は、田端運転所所属のEF81 139が全区間を担当した。
 同車はカニ24 510からの改造車であるが、その大元種車はカニ24 113で1980(昭和55)年9月8日に旧・新潟鐵工所(現・新潟トランシス新潟事業所)で新製、1990(平成2)年10月9日に旧・土崎工場(現・秋田総合車両センター)にて酷寒地対応改造を施工されカニ24 510となり、1993(平成5)年に旧・大宮工場(現・大宮総合車両センター)で小規模改造を施工(内容は不明)、そして2000(平成12)年2月25日に同工場の施工で現在の形式になったという3度の改造履歴を持ち、E26系客車の予備電源車ではあるが、系列は24系客車に分類される車輌であることが特筆される。なお、同車は改造落成以後、全般検査は同センターが担当している。なお、本体のE26系客車は11月7・8日に入場し、現時点で検査中である。また、同センター(JR貨物大宮車両所も含む)からの出場車の大宮駅への据え付けは、通常は機関車牽引であっても11番ホームであるが、今回は9番ホームとの間にある貨物10番線に据え付けられて、東大宮(操)へと向かった。
松岡宣彦(兵庫県)
20181214185303-ec382f5f2f27efe9c5d0e851b8890b6dce31b879.jpg 記念ヘッドマークも凛々しく日生中央駅に入線。
'18.12.13 能勢電鉄 日生線 日生中央
 今年12月12日で開業40周年を迎えた能勢電鉄日生線。それを記念して、同日から日生中央駅コンコースに記念ポスターが掲示されたが、翌13日からは3170Fに記念ヘッドマークが掲示され、日生線区間運用に充当されている。掲出期間はいつまでなのか、また、他の編成にも波及するのかなどが注目される。

【JR貨】EF81 406 全検出場

樋上航一(福岡県)
20181214184915-7db29d7455c6b71ac177b6ee89699a5d52c64053.jpeg 両方のパンタグラフを上げて停車中のEF81 406。
'18.12.13 鹿児島本線 門司
 12月13日、門司機関区所属のEF81 406が全般検査を終えて小倉工場を出場した。その後、北九州貨物ターミナル~幡生操車場間を一往復する試運転が行われた。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2018年12月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.