鉄道ホビダス

2018年12月 6日アーカイブ

菅沢幸宏(千葉県)
20181206151913-8f816c65420e966fb32de2b302adcebd3c2ef376.jpg 日本海を望んで走行するマヤ検。
'18.12.3 信越本線 鯨波―青海川
 12月2日、EF81 97の牽引により仙台~新津間で回送されたマヤ50 5001だが、同車を使用した検測列車が12月3~4日に信越本・越後線で運転された。行路は、新津~(信越本線)~黒井~(信越本線柏崎から越後線)~白山~(越後線)~柏崎~(信越本線)~新津間であった。
 今回の検測列車は、上越線や八高線で見られるプッシュプル牽引での運転で、これは機回し省略のためと思われる。牽引機は、黒井方がDE10 1680、新津方がDE10 1700で、いずれも長岡車両センター所属車輌である。
星出昌宏(山口県)
20181206150832-8b2a3aa9b030b0d2d623d13ed4ea909eae67c5f2.jpg EF66 117に牽引されて甲種輸送されるJR九州819系4連。
'18.12.4 山陽本線 福川―戸田 P:星出昌宏
20181206150848-9bc0c5ff5c562f29584bf546f20736bf2d07dd5f.jpeg 本州内はEF66 117がエスコート。
'18.12.4 山陽本線 長府 P:樋上航一
 JR九州向けの819系2編成4連が日立製作所笠戸事業所で落成し、12月4日に下松~南福岡間で甲種輸送された。同車は300番代を名乗っており、従来車に比べて何らかの変化が生じているものと思われる。なお、下松~幡生(操)間はEF66 117が、幡生(操)~北九州(タ)間はEH500-50が、そして北九州(タ)~南福岡間はEF81 452がそれぞれ牽引した。
長谷川僚(兵庫県)
20181206150106-0d198b94b758b507c929ddb3049ecdbfdffa32a2.jpg 体質改善工事施工後、初めての入場となったZ13編成。
'18.12.3 山陽本線 東加古川
 JR西日本207系Z13編成(クハ207-14以下4連、網干総合車両所明石支所所属)が網干総合車両所での検査を終えて、同車両所明石支所まで回送された。今回の入場では、前照灯がHIDからLEDに取り換えられている。
松崎大輔(高知県)
20181206144929-d14cd77c63c7d1fa49a324b31f9ac32fda15ea6e.jpg 団体客を迎えに一路窪川へ向かう。
'18.12.4 土讃線 日下―岡花
 11月25日に今年秋の運用を終了した"志国高知 幕末維新号"(キクハ32-501+キハ185-20+キハ185-22(伴走車輌))だが、12月4日には団体旅客対応のため高知運転所~窪川間で回送され、窪川~高知間を走行した。
杉本 浩(三重県)
20181206143235-f13086f85a490942653ad0cdb7aef5c90fc1b56b.jpg 山田線を行くVE49編成+VE71編成。
'18.12.1 近畿日本鉄道 山田線 松ヶ崎―伊勢中原
 近畿日本鉄道において、12月1日に1249系1249F(VE49編成)2輌と1252系1271F(VE71編成)2輌の4輌編成が山田・大阪線で運転されているのを確認した。VE49編成は奈良・京都線系統で運用されている西大寺検車区所属の車輌であり、一方でVE71編成は阪神線直通運転に対応する東花園検車区所属の車輌のため、定期運用の設定のない山田線や、近鉄路線の東部エリアや三重県内などで運転されたのは貴重である。この運転の詳細は不明であるが、前日深夜に鳥羽・志摩線で行われた試験運転に関連した返却回送列車であると思われる。
レイル・マガジン

2018年12月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.