鉄道ホビダス

【JR貨】20G形コンテナの話題

大谷真弘(静岡県)
20181115202749-a0781165c65cc10e2a34600fed1d936465e6639a.jpg 妻開き20G形コンテナを、コキ107形5輌には計25個積載。
'18.11.14 東海道本線 掛川―菊川
 11月14日、下関貨物発東京貨物ターミナル行きの5052レにて、新製の背高20G形コンテナが30個輸送された。同編成では、コキ106-581に20G形5個と、コキ107形5輌に20G形25個を搭載していた。20G形は妻開き(20D形は両側開き)のコンテナで、19形コンテナの置換え用として新製されたものであり、19形よりも全高が100mm高く、その分だけ容積も多くなっている。
 なお、幡生操車場から東京貨物ターミナルまでの牽引機は、岡山機関区所属のEF210-131(所定は吹田機関区所属のEF66形)が代走した。
レイル・マガジン

2018年11月   

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.