鉄道ホビダス

2018年11月27日アーカイブ

佐藤 峻(神奈川県)
20181127211649-d78e1db4a34cb8d7739fa70b060a16e6a2dbe95f.jpg "TOQ-i"に挟まれて回送される。
'18.11.26 東京急行電鉄 こどもの国線 恩田―こどもの国
20181127211831-edc9159831b37e006ab4fc5d7e311157b8999cd9.jpg
「のるるん」とともに。
'18.11.26 東京急行電鉄 多摩川線 鵜の木
 11月26日、東京急行電鉄7700系7901編成が譲渡準備のため、雪が谷大塚~恩田間で回送された。これにより、東急線上より7700系が消滅することとなる。この7901編成は、11月24日に東急多摩川線・池上線にてラストランを飾り、最後まで在籍した編成である。
田中瑛三(岡山県)
20181127210945-07fd1172ece269489742165595f29f4b2b4ecaa6.jpg 珍しい伯備線経由での回送となった。
'18.11.26 山陽本線 庭瀬─中庄 P:田中瑛三
20181127211052-d95c296d29888e85f8b1de6244a363d583c5caa4.jpg 薄雲がかかった大山を背に、後藤総合車両所を目指す。
'18.11.26 伯備線 岸本―伯耆大山 P:三宅順也
 11月26日、下関総合車両所所属の115系O-04編成が、岡山~後藤総合車両所間にて伯備線経由で回送された。227系の増備に伴う廃車が目的と思われる。同編成は、先の西日本豪雨で山陽本線が長期間運転見合わせとなった際、岡山側に取り残された編成で、代走車として使用されていたが、同線の運転再開後も岡山電車区内に留置されていた。
 なお、同編成が廃車になると、応荷重装置搭載を意味するO編成は消滅することになる。また、広島更新色塗装の編成は、115系R-02編成の1編成が残るのみとなる。
木村洋一郎(香川県)
20181127210318-81ee76bcc6b5f400796025bb5cc6b5c7c16696ff.jpeg 四国の観光列車ならではの「お手振り」、そして多数のヘッドマーク掲出により盛り上がった。
'18.11.24 土讃線 琴平―塩入
 JR四国の"アイランドエクスプレスII"を使用した〈3県横断の旅号〉が、11月24日に高松~徳島~阿波池田~多度津~松山間で、翌25日には松山~伊予長浜~松山~高松間で運転された。運行区間によってはファン力作のヘッドマークが掲出され、のべ2日間で約24時間、551kmを乗車した。なお編成は、先週と同様に、国鉄特急色と"アイランドエクスプレスII"との混色編成であった。
正清雄也(岡山県)
20181127204624-d13be7e69174a82b5bb828bd18158169a6ae6327.jpg 車内には雪だるまやサンタクロース、ベルのぬいぐるみや、サンタクロースのオブジェが飾られている。
'18.11.25 水島臨海鉄道 水島本線 倉敷市―球場前
 水島臨海鉄道では、11月19日から12月25日まで、クリスマス列車を運転する。今年で3回目となるクリスマス列車であるが、昨年とは使用車輌とヘッドマークが変更されており、MRT300(ひまわり号)からMRT302(白色)に、サンタクロースのマークからスノーマンとなっている。運転区間は三菱自工前~水島~倉敷市間で、他の車輌と同一運用であり、1輌ないし通勤時間帯では2輌編成で運転されている。
廣島一貴(東京都)
20181127203449-13bb07be79271739ca11a99625864d5195a9307c.jpg 青のロクゴに牽引され、淀川鉄橋を往く。
'18.11.24 東海道本線 新大阪―大阪
 11月24日から25日にかけて、"サロンカーなにわ"を用いた団体臨時列車が宮原(操)~大阪~倉敷~(回送)~岡山~大阪~宮原(操)間で運転され、EF65 1133が全区間を牽引した。沿線は天気も良かったため、多くのファンがカメラのシャッターを切っていた。
寺岡侑亮(大阪府)
20181128193119-e61388df906e8c329c64a80c78cd2da9f00996b7.jpg 大勢の乗客で賑わう、運用最終日となった3代目高野山ケーブルカー。
'18.11.25 南海電気鉄道 高野線 極楽橋―高野山 P:青木 弘
20181127203031-a9682b3d17c57fc888d14e0f5178122ef6646733.jpg ファンをはじめ、多くの人が別れを惜しんだ。
'18.11.25 南海電気鉄道 高野線 高野山 P:寺岡侑亮
 南海電気鉄道では、高野線で用いられている3代目高野山ケーブルカーの運行を終了した。これに伴い、新造ケーブルカーと置き換えられるまでの間は、高野山ケーブルカーは運休となる。3代目の運行最終日となった11月25日は、多くのファンや観光客らによる別れを惜しむ姿が見られた。なお、新型ケーブルカーは2019年3月1日より運行開始となる予定である。
橋本 淳(滋賀県)
20181127202539-c5d84f7162d3776559441c25e44f81585f92df22.jpg 米原駅上り第1場内信号機が警戒現示のため、ゆっくりとした速度で走行する117系T2編成。
'18.11.25 北陸本線 坂田―米原
 11月25日、JR西日本吹田総合車両所京都支所所属の117系T2編成による団体専用列車〈琵琶湖一周 もみじ号〉が向日町操車場~(大阪経由)宮原操車場~大阪~京都~(湖西線経由)堅田~(湖西線経由)京都~向日町操車場~京都~(湖西線経由)近江塩津~(北陸本線経由)米原~河瀬~米原~(琵琶湖線経由)大阪~宮原操車場~(大阪経由)向日町操車場の行路で運転された。このうち、客扱いを行った区間は大阪→比叡山坂本間、比叡山坂本→彦根間、彦根→大阪間であった。
松田信彦(大阪府)
20181127202040-2276257095dfeb2653d16e4dfc63c7fb0aae0178.jpg 16000系最古参のY7編成が道明寺線を行く。
'18.11.23 近畿日本鉄道 道明寺線 道明寺―柏原南口
 近畿日本鉄道では11月23日、柏原市の市制施行60周年記念企画として「特急車両で行く道明寺線の旅」を開催した。運転区間は、Aコースが古市(10:43発)~柏原(11:00着)間、Bコースが柏原(12:09発)~古市(12:29着)間。途中、道明寺駅にて停車時間が設けられた(Aコース11分、Bコース14分)。
 使用車輌は16000系16007編成で、道明寺線に特急型車輌が入線するのは初のことと思われる。秋晴れの空の下、沿線には多くのファンが訪れていた。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2018年11月   

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.