鉄道ホビダス

2018年11月20日アーカイブ

足立憲昭(茨城県)
20181120213547-bf82303229656cc7de1d3c714ed2ff7a98bbe7bc.jpeg 新しい活躍の場での足慣らしが始まった。
'18.11.16 中央本線 上野原 P:菊谷 要
20181120213635-e3710ce9a9151dab7c4ffe9df2be1044b67adcd6.jpg 転属して最初の試運転。
'18.11.16 中央本線 鳥沢―猿橋 P:渡辺哲平
20181120213758-88729170fce2658654acc52306cd907129777ffb.jpg 豊田へ向かう209系1000番代。
'18.11.19 中央本線 猿橋―鳥沢 P:足立憲昭
 豊田車両センターに転属したとみられる209系1000番代(元松戸車両センター所属マト81編成)の試運転が11月16日より開始された。11月19日の試運転は、豊田~大月~相模湖~大月~相模湖~大月~豊田間の行路であった。
寺岡侑亮(大阪府)
20181120212243-bd904a2a976dd271d34bae3d4f4bca08b1ea994a.jpg 小田急3000形中間車の増備は今後も続くと思われる。
'18.11.17 山陽本線 鷹取
 小田急3000形の10輌編成化に伴う、中間車4輌の甲種輸送が11月17日から19日にかけて実施された。牽引機は兵庫~吹田貨物ターミナル間が岡山機関区所属のDE10 1561、吹田貨物ターミナル~小田急電鉄線松田間が新鶴見機関区所属のEF65 2070であった。
 なお同日、関西地区では東京メトロ13000系の甲種輸送も併せて実施されており、こちらは徳庵~吹田貨物ターミナル間では岡山機関区所属DE10 1743、吹田貨物ターミナル~横浜羽沢間では吹田機関区所属のEF66 109が牽引している。
宮島昌之(石川県)
20181120211741-ed11d437823a97449be3e4cd3ea325444f02cb5b.jpg 鶴来へ向け、日没間もない金沢市内を走る〈金澤おでんでんしゃ〉。
'18.11.17 北陸鉄道 石川線 西泉―新西金沢(工事区域外堤防斜面より撮影)
 北陸鉄道石川線では、11月16・17日に、金沢の食として有名なご当地おでん「金澤おでん」を電車に揺られながら味わえる臨時列車〈金澤おでんでんしゃ〉が運転された。 両日とも車輌は7700系のモハ7701+クハ7711が使用され、オリジナルヘッドマークも掲出された。車内では、地元の老舗「赤玉本店」のおでんや、「味のやはた」特製の弁当などが提供されたほか、生ビール飲み放題や、先日解禁されたばかりの「ボジョレー・ヌーヴォー」ワインも数量限定で提供された。
前田明彦(埼玉県)
20181120211216-94a9175e01f718ca10e6e703f53064610193cc55.jpg 中央本線を彷彿させる、少し長めの横須賀色。
'18.11.16 しなの鉄道 北しなの線 牟礼―豊野
 11月16日、しなの鉄道の横須賀色115系(S16・S26編成)の2本を繋いだ5輌編成が運転された。イベントの臨時列車では以前にも組成された例はあったが、定期運用では今回が初めてとみられる。なお、当日充当されたのは、早朝の妙高高原~長野間と夕方の長野~小諸間のラッシュ時間帯であった。

【JR北】苗穂駅 新駅舎開業

石原幸司(北海道)
20181120210832-cbe3372e608f5517419481d5fd190b50c63d55c0.jpg ガラス張りの橋上駅舎へと生まれ変わった苗穂駅。
'18.11.17 函館本線 苗穂
 11月17日、苗穂駅の新駅舎が開業した。新駅舎は旧駅舎から約300m西側(札幌駅側)に移転し、連絡通路と橋上駅舎化により街の南北エリアがつながった。また、窓口営業開始と同時に、新駅舎の開業記念入場券も発売された。
阿部雄司(愛知県)
20181120210355-24bc645bbb55ea70d2e13a5b97d136853bbe5dce.jpg 武豊線になじみ深い形式が、久々に入線。
'18.11.17 武豊線 大府―尾張森岡
 11月17日、愛知デスティネーションキャンペーン開催に合わせて、快速〈知多鉄道酢トーリー〉が前月に続き運転された。運行区間は名古屋~武豊間(片道)で、今回は美濃太田車両区に所属するキハ75形3輌(先頭よりキハ75 3401+キハ75 3501+キハ75 3505)が用いられ、同形式にサイズを合わせたヘッドマークを掲出した。なお、キハ75形は2015年の武豊線電化まで使用されていた、なじみ深い形式ではあるが、3輌編成での入線は非常に珍しいものと思われる。
松田重彦(大阪府)
20181120210000-bce917d939d5ba674f6868563a119a1f74ed89b0.jpg 茨木市を通過する快速特急〈さがの〉。
'18.11.17 阪急電鉄 京都本線 茨木市
 11月17日より、阪急電鉄では嵐山への行楽を目的とした秋の臨時直通列車の運転を開始した。運転期間は11月17・18日・23~25日の土日祝日の5日間で、区間は天下茶屋(大阪市交通局堺筋線)・高速神戸・宝塚(今津線経由)大阪梅田・河原町の各駅から嵐山まで運行される。また、11月19日から22日までの平日は西宮北口~嵐山間で直通特急を運転する。なお、嵐山線内の有効長の関係で、いずれも6輌編成での運転となる。
高橋孝一(群馬県)
20181120205520-2a8d3062b8a641174f5e8e81b019523b1d7abee1.jpg 朝日を浴びて舞浜を目指す9822M。185系に代わるとされるE257系の今後の活躍が注目される。
'18.11.17 高崎線 高崎―倉賀野
 11月17日、松本車両センター所属のE257系0番代M107編成(9連)が上越線渋川~京葉線舞浜間で団体臨時列車として運転された。なお、E257系は、来春の「成田山初詣」団臨への充当も発表されており、今後の動向が注目される。
高見彰彦(兵庫県)
20181120204837-b306a2c9a0eb7232167d5acde3e1a2fc0a1fe221.jpg E231系が、211系長野色や383系(77分遅れで運行の〈しなの22号〉)と並んだ。
'18.11.13 中央本線 塩尻
 松戸車両センター所属のE231系マト122編成が中央本線を経由して松戸車両センターから長野総合車両センターまで回送された。機器更新のための入場と思われる。途中、塩尻駅では長時間停車し、JR東海の車輌との並びも見られた。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2018年11月   

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.