鉄道ホビダス

2018年11月12日アーカイブ

高橋賢士(奈良県)
20181114205236-45c0c338a92c7ac0fdd4bfdc309f48965dbe8155.jpg 雨上がりの小岩川をゆく快速〈EL日本海庄内号〉。
'18.11.10 羽越本線 小岩川―あつみ温泉 P:鶴井雅人
20181114205254-b05f7a72ecd5fd287f97c83e5727c04da014ec17.jpg 笹川集落を往く臨時快速列車。
'18.11.11 羽越本線 今川―桑川 P:松山政昭
20181114205311-ffc809bea7c401eb63e2d7668313c2ff2005e2df.jpg EF81 97に牽引される〈ばんえつ物語〉編成の〈EL日本海荘内号〉。
'18.11.11 羽越本線 村上―岩船町 P:高橋賢士
 JR東日本新潟支社では、11月10日から11日にかけて快速〈EL日本海庄内号〉を新津~酒田間で運行した。運転時刻は10日が新津(9:09発)~酒田(13:21着)、11日が酒田(10:10発)~新津(13:13着)で、使用客車は新潟車両センター配置の12系〈ばんえつ物語〉編成、そして牽引機は長岡車両センター配置のEF81 97であった。
 運転当日は多くがあいにくの天候であったが、ローズピンク塗装で白色Hゴムとなった97号機の客車初牽引とあってか、沿線には大勢のファンが訪れていた。
崎山喜一朗(東京都)
20181114204613-934f4be86e91ffb8c6efc6b3ba8ffd8e2cbf4b82.jpg 人気の"ぐでたまスマイルトレイン"をはじめとする新宿線の車輌が展示された。
'18.11.10 南入曽車両基地 P:廣島一貴
20181114204732-c3256c21d0078729339e3b43d39534ada03be222.jpg 綱引きに使われた2000系。
'18.11.10 南入曽車両基地 P:崎山喜一朗
 西武鉄道では11月10日、「西武トレインフェスティバル2018 in 南入曽車両基地」を南入曽車両基地において開催した。昨年までは例年8月に開催されていた公開イベントだが、猛暑などの影響により今年は秋に開催となった。会場では車輌展示や電車と綱引き、車輌床下の見学、電車方向幕の抽選会などが行われた。
 なお、これに合わせて新所沢~南入曽車両基地間で臨時電車が運転された。
田部井毅大(東京都)
20181114203709-eafb5a6ac91613516bc163413ee0fbb95627e325.jpg 高崎の12系と185系B6+C7編成を休憩用として留置。
'18.11.10 尾久車両センター
20181114203751-39b235625ce4f25b9f3b377800d49184f24f182e.jpg 保線用のマルチプルタイタンパーも展示された。
'18.11.10 尾久車両センター
 11月10日、尾久車両センターにて「第18回 みんな集まれ! ふれあい鉄道フェスティバル」が開催された。今年もE655系"和(なごみ)"や保守用車が展示されたほか、EF65 501の転車台回転実演が行われた。その他にも、大宮総合車両センター所属の185系と高崎車両センター高崎支社所属の12系客車が来場者用の休憩車として使用された。
高橋孝一(群馬県)
20181114202319-e20cdf81b47125bc4247e3ba59f2c2ba4672410e.jpg 炭水車には「D51 498 30th Anniversary since 1988」のロゴと、ヘッドマークと同じデザインのマークが描かれているほか、縁取りがなされている。
'18.11.10 高崎線 高崎
 高崎車両センター高崎支所所属のD51 498だが、ヨーロッパの豪華列車"オリエント急行"の牽引を皮切りに復活してから今年12月で30年を迎えることになり、30周年記念デザインヘッドマークの掲出および炭水車の装飾が行われた。装飾された同機の運用は、11月10日の高崎~水上間往復の快速〈SLぐんま みなかみ〉の開始され、装飾期間は当分の間と発表されている。
藤原匡秀(東京都)
20181114201739-9b30ad7f4247b87d31599eafa3d71758f529bc6e.jpg 専用入換動車(OM-2)の推進で入場中のマト82編成。中央線快速列車へ転用される見込み。
'18.11.9 大宮総合車両センター(東北本線大宮駅11番ホームより撮影)
 JR東日本では、10月13日に松戸~取手間で一往復運転された「ありがとう209系1000番台でいく常磐線各駅停車の旅」と題したツアー列車を最後に運用を離脱した、松戸車両センター所属209系1000番代マト82編成だが、11月9日に所属区所の松戸車両センターから松戸~馬橋~南流山~武蔵浦和~大宮間の経路を自力回送して、大宮総合車両センターへ入場した。
 同編成も、今月5日に中央線方面向けに転用改造されて同センターを出場した元マト81編成と同様の転用改造が施工されるものと思われる。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2018年11月   

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.