鉄道ホビダス

【JR四】121系の団体列車運転

守屋浩二(徳島県)
20181030115204-87aae05d8c5af8d677499cdd2d3febdfc919cc45.jpg 定期運用では乗り入れない区間まで走行した。
'18.10.27 予讃線 壬生川―玉之江
 10月27日、高松運転所所属の121系第2編成を使用した団体列車「ありがとうコイルバネ! 輝け後付けスカート!! 最後の赤帯121系ファイナルツアー」が高松~今治間で運転された。同形式の定期運用は伊予西条までの運転となっており、伊予西条以西での走行は珍しい事例と思われる。
 高松方には〈サンポートリレー号〉をモチーフとしたデザインの、そして今治方にはオリジナルデザインのヘッドマークがそれぞれ掲出されて運転された。なお、121系電車はこの第2編成が最後の一編成となっており、同編成も今年度中に7200系への改造が決まっている。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2018年10月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.