鉄道ホビダス

2018年10月25日アーカイブ

甲野奏音(香川県)
20181025203757-9f8c2ba1b81f001fa10d14a1b89c8fd8b554eb58.jpeg 朝のラッシュ時間を駆け抜ける6000系。
'18.10.23 予讃線 高瀬―みの
 全般検査のため先月より多度津工場に入場していた高松運転所配置の6000系第1編成(6001+6201+6101)であるが、このほど出場し、運用に復帰したことを確認した。同形式は1996年に2編成が製造されたのみで、検査出場後のきれいな姿を見ることができる機会はあまりないといえるであろう。
崎山喜一朗(東京都)
20181025202834-7b4941ed1617ac768d3670ed1650f32fc635f1fd.jpg 最後の展示となるであろう7004F。
'18.10.20 小田急電鉄 海老名電車基地
 10月20・21日、小田急電鉄では「ファミリー鉄道展2018」を開催した。第一会場の海老名電車基地と第二会場のビナウォークにて催され、第一会場では車輌展示や非常停止ボタン模擬体験、グッズ販売などが行われたほか、第二会場では鉄道模型の走行会や鉄道・バスグッズの販売などが行われた。
 このうち車輌展示では、10月13日をもって引退したロマンスカー7000形"LSE"が展示され、来場者の注目を集めていた。
二ノ宮忠勝(東京都)
20181025201622-5925a87bd44931aad93208a5c980f3289776e6db.jpg 谷汲駅に到着する往年のモ755を再現した。
'18.10.21 旧 名鉄谷汲線 谷汲
20181025201747-6ae1bf32c40958faae27168486212b833f3a17a9.jpg モ755は移動機ANT15で牽引。
'18.10.21 旧 名鉄谷汲線 谷汲
 2001年10月1日の名古屋鉄道谷汲線の廃止に伴い、旧谷汲駅では往年の名車モ514とともにモ755が静態保存されている。10月21日には「赤い電車まつり2018」が旧谷汲駅で開催され、モ755の乗車体験が行われた。これは、車輌自体は移動機ANT15で牽引する格好ではあるものの、外部の空気圧縮機から圧縮空気を発車前に充填して、自動ドアの開閉、運転台操作による電車の制動、そして汽笛吹鳴も行われた本格的なものであった。
大下秀幸(山口県)
20181025201215-89a8ac329f8d945788397e31cb6045453dcfd27a.jpg クジラのヘッドマークを掲げるキハ47形。
'18.10.20 山陰本線 黒井村―川棚温泉
 10月20日、下関総合車両所新山口支所のキハ47形2輌(キハ47 2012+キハ47 2501)を使用した団体臨時列車が下関~長門市~仙崎間で往復運転された。これは、長門市駅の近くにオープンした道の駅「センザキッチン」を目的地として企画されたもので、列車の両端には捕鯨にゆかりのある下関市と長門市が作成したクジラのシンボルマーク「らーじくん」のヘッドマークが掲出された。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2018年10月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.