鉄道ホビダス

2018年10月17日アーカイブ

宮島昌之(石川県)
20181017192141-9fca3a076598a73076ff2277f3fddefb515ab4a7.jpg 昭和40年代頃の昔懐かしい駅の姿がよみがえった。
'18.10.13 えちごトキめき鉄道 妙高はねうまライン 二本木
20181017192203-0f160beb3cc6af96a98d21ee39a0efb5779bdf20.jpg 日本曹達(株)より寄贈されたタンク車の車輪と転轍機を展示。
'18.10.13 えちごトキめき鉄道 妙高はねうまライン 二本木
 えちごトキめき鉄道では、現役のスイッチバック駅として知られる二本木駅と駅周辺地域の活性化を図るため、同駅舎のリニューアル工事を行い、一部は駅舎が建てられた明治時代の頃の外観を再現した。10月13日には来賓臨席のもと「二本木駅リニューアル記念セレモニー」が執り行われ、工事の完成を祝った。また、工事完成を記念して、同駅に隣接する日本曹達(株)二本木工場で、かつて製品輸送や原料受け入れのため出入りしたタンク車の車輪と転轍機が、日本曹達(株)からえちごトキめき鉄道へ寄贈され、10月13日より駅前広場で展示を始めた。
 リニューアル工事は駅舎建築当時の建物の一部分が写っていた昭和40年代頃に撮影の写真を参考に、外壁の張り替えや塗装、漆喰壁の補修、高窓部分など老朽箇所の補修、駅名看板も見た目懐かしいのものと取り替えた。合わせて駅舎内にあるコミュニティスペース「さとまるーむ」も、現在の喫茶営業から軽食営業向けの設備と空調設備を導入した。地元新聞報道によると、今後駅本屋や赤レンガのランプ小屋などの歴史的建造物を、国の有形文化財登録へ向け活動を進める予定である。
廣村典彦(兵庫県)
20181017190610-5457b80f484f521ec0f8169e597890271322e793.jpg 秋祭りヘッドマークは毎年デザインが変わるのも楽しみ。
'18.10.14 山陽電気鉄道 本線 的形―大塩
 山陽電気鉄道では、10月6日から5000系・5030系6輌編成に「山陽沿線秋祭り」のヘッドマークを順次取り付けている。該当編成は5016号、5018号、5630号編成。また、中央ドア横にも「山陽沿線秋祭り」の大型ステッカーを貼り付けている。
 山陽電鉄沿線では秋祭りが盛んな地域が多く、同社ウェブサイトでは「秋祭り特設サイト」をオープンしている。また、灘のけんか祭りで有名な松八幡神社最寄駅の白浜の宮駅では10月14・15日、直通特急が臨時停車した。
星出昌宏(山口県)
20181017190040-3abfe354c287fd2bc610157dd68265fd6a3b02e8.jpg 暮れなずむ山陽路を下関へ向かう221系8連。
'18.10.15 山陽本線 福川―戸田
 221系A16編成(貫通8輌編成)が幡生車両所に向けて回送された。これまでにもリニューアル工事などで、同車両所には多くの221系が入場したが、いずれも4または6輌編成であった。8輌貫通編成が同車両所に入場したのは、今回が初のことと思われる。
大谷真弘(静岡県)
20181017185433-b6107760fdc24c6a59cc6e359a9a970061538d0b.jpg EF210-3の牽引で1070レがスルー運転された。
'18.10.14 東海道本線 掛川―菊川
 7月の西日本豪雨災害により山陽本線では運転見合わせが行われていたが、10月13日に運転が再開された。同日、熊本発東京貨物ターミナル行きの1070レが山陽本線・東海道本線をコンテナ満載で上り列車として走行。配置区の岡山機関区に帰区できなくなっていたEF210-3が翌14日未明、幡生操車場から東京貨物ターミナルまでを牽引した。
大森岳人(東京都)
20181017184950-39be8b5c99ed091f8936616d538a481299fcebac.jpg 横須賀色に変更されたS16編成(左)に続き、同色となったS26編成(右)。
'18.10.13 しなの鉄道 戸倉(側道より撮影)
 しなの鉄道では、2017年7月に横須賀色に変更したS16編成3輌編成に続き、S26編成2輌編成(クモハ115-1076+クモハ114-1512)を横須賀色に変更して出場した。同鉄道では横須賀色は2編成となり、今後、運用で横須賀色115系に遭遇する機会が増えることが期待される。
松田信介(大阪府)
20181017184354-07668765891854230d172dcf58668cedacb4c6b4.jpg 秋晴れにグリーンの塗装が映える復刻塗装車。
'18.10.14 近畿日本鉄道 橿原線 石見―田原本
 近畿日本鉄道は10月14日、「田原本線開業100周年ツアー」に伴う臨時列車を運転した。新王寺(11:49発)~西田原本~大和西大寺(12:36着、12:46発)~西田原本~新王寺(13:28着)間の行路で、田原本連絡線を経由した。なお、同列車には8300系復刻塗装車のB9編成が使用された。
山下智司(徳島県)
20181017184048-d90d0baead4b232ea4086cb14bb310f060cee03d.jpg 新型車輌2600系が展示された。
'18.10.13 徳島運転所
 10月13日、徳島運転所で「鉄道の日」協賛行事として「鉄道の日ふれあい祭り」が開催された。特急〈うずしお〉で使用されている新型車輌2600系の展示をはじめ、1500形を使用した転車台回転体験やレールスター(線路巡回用車輌)・軌陸車の乗車体験、鉄道模型の運転、鉄道用品などの販売などが行われた。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2018年10月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.