鉄道ホビダス

2018年10月 5日アーカイブ

大谷真弘(静岡県)
20181005220758-dad6c00589402b736b5e8fabeb4322521836a168.jpg 代走のEF66 27がカンガルー便を牽く。
'18.10.5 東海道本線 菊川―掛川 P:大谷真弘
20181009214610-2ff372d27b4b075f5571d7a534154fde0a2ae932.jpg 堂々とフル編成を牽引するEF66 27。
'18.10.5 東海道本線 逢妻―大府 P:阿部雄司
 10月5日、西濃運輸コンテナの一部貸切列車において、新鶴見信号場~吹田貨物ターミナル間で吹田機関区所属のEF66 27が牽引を代走した。コンテナ車20輌のうち、15輌で西濃運輸コンテナ計30個を積載していた。
 なお、陸前山王~新鶴見信号場間は前日4日に4058レとして、仙台総合鉄道部のEH500-42が牽引を担当した。
藤原匡秀(東京都)
20181005220247-079c40d6b5d1588dcabcb552031b54e995940a93.jpg 専用入換動車(OM-1)の推進運転でセンター内に入場するN36編成。
'18.10.4 東北本線 大宮
 JR東日本では、新潟車両センター所属の115系1000番代N36編成が検査および塗装変更のため、10月4日に所属区所から越後石山~宮内~高崎~大宮(操)~大宮間の経路を自力回送して、大宮総合車両センターに入場した。同編成は、JR東日本新潟支社が今年2月に実施した"「私と通勤・通学電車」~みんなで選ぼう 115系車両デザイン~"の投票結果で、わずかの差で第2位となった「弥彦色」に塗装変更される見込み。なお、11月3・4日にびゅう旅行商品専用臨時列車として「復刻"弥彦色"越後ぐるっと周遊号」が運転される予定となっている。
馬渕英輔(愛知県)
20181005215327-5060960b33bd33090c459bff303eeecd3c8b0eaa.jpg 多治見駅に入線する愛知DC信長ラッピング車。
'18.10.3 中央本線 多治見
 JR東海では、神領車両区所属の313系8000番代B201編成が愛知デスティネーションキャンペーンPRのラッピング車輌"武将隊列車"となり、名古屋工場から9月26日に出場、翌10月2日より営業運転を開始した。運行初列車は、まず神領~名古屋間で回送され、名古屋から〈ホームライナー瑞浪1号〉で営業運転を開始した。編成は中津川方からクモハ313-8503+モハ313-8503+クハ312-8003+クモハ313-8501+モハ313-8501+クハ312-8001で、ラッピング車輌は名古屋方であった。
宮下幸市(愛知県)
20181005214846-5ae636bd4254e678561e4763f2c5a8c66a7cc144.jpg 今年2回目の豊橋行きマルタイ輸送が運転された。
'18.10.4 東海道本線 笠寺(敷地外より撮影)
 JR東海の在来線用マルチプルタイタンパー(通称「マルタイ」)09-16が、10月3日から4日にかけて東名古屋港から名古屋臨海鉄道、東海道本線を経由し豊橋まで甲種輸送された。10月3日に東名古屋港~東港間で輸送され、東港に留置後、翌4日に東港~笠寺~豊橋間で輸送されるという行程であった。東名古屋港~東港間は名古屋臨海鉄道所属のND55210、東港~笠寺間は同社所属のND5527、笠寺~豊橋間はJR貨物愛知機関区所属のDE10 1723がそれぞれ牽引した。
川崎弘貴(大分県)
20181005213848-346735d5e9d1bc61ac7a070e6c89078ec876fafa.jpg 非常用閉塞のため、通常よりもさらに慎重に運転が行われた。
'18.10.2 豊肥本線 大分
 9月30日の台風24号で発生した豊肥本線の線路災害に伴い、10月1日夕方より大分~大分大学前間で臨時輸送が実施された。この区間輸送ではキハ200系による4輌編成が充当され、往復運転を行った。また、滝尾~大分大学前間は代用閉塞(指導閉塞式)を行い、指導票と指導者腕章を括り付けたキャリアーが使用されていた。
 なお、復旧工事の完了に伴い、この運用は10月3日夕方で終了した。
レイル・マガジン

2018年10月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.