鉄道ホビダス

2018年10月 1日アーカイブ

松田重彦(大阪府)
20181001214220-d631bc70179c175fe468c42bcd687aad3d03b48d.jpg 雨上がりの篠ノ井線を行く。
'18.9.30 篠ノ井線 坂北―聖高原 P:佐藤 峻
20181001212508-3683626419b7db8f6e1d2fe0f616f086a7707e86.jpg 篠ノ井線を行くEF64 1052+E26系"カシオペア"。
'18.9.30 篠ノ井線 聖高原―冠着 P:松田重彦
 信州アフターデスティネーションキャンペーンに合わせて、9月29日から30日にかけて臨時ツアー列車「カシオペア紀行 長野行き」が上野~長野間(常磐・武蔵野・中央本・篠ノ井線経由)の片道行路にて運転された。牽引機はEF64 1052が担当した。運転当日は、台風24号が接近する荒天のなかでの運転であった。
松田信彦(大阪府)
20181001211130-bd1e1362f308d7f604a7b503d67a8b89887e31e0.jpg 米子からはHM付き1028号機の牽引。
'18.9.28 伯備線 伯耆溝口―江尾
 西日本豪雨により山陽本線では不通区間が発生しているため、山陰本線経由の迂回貨物列車が運転されていたが、山陽本線が9月30日に運転再開予定となったことから9月28日に迂回貨物列車は運転を終了した。最終上り列車は幡生操車場~米子間は愛知機関区所属のDD51 1802が牽引、また米子~岡山貨物ターミナル間は同区のEF64 1028が牽引した。なお、DD51は米子では切り離されず、そのまま回送された。
黒澤 鉄(東京都)
20181001210229-c11890196f50c641d196a4f5f5d3982504474a35.jpg 刈り入れ目前の田んぼと"LSE"。
'18.9.30 小田急電鉄 小田原線 愛甲石田―伊勢原 P:松山政昭
20181001210327-bb88bf6ab03a791ace6e46a4fb2b47896523f7e3.jpg 終着の海老名海老名検車区に到着した7000形"LSE"。
'18.9.30 小田急電鉄 海老名検車区 P:福田智志
20181001205932-9844dc63acf9394186b5bc08ce4239878e82dca8.jpg 静態保存中の3000形"SE"の車輌見学も行われた。
'18.9.30 小田急電鉄 海老名検車区 P:黒澤 鉄
 小田急電鉄では、9月29・30日に、引退の迫るロマンスカー7000形"LSE"を使用した団体列車を運転した。29日は「LSEで行く小さな旅」として、事前キャンペーン応募の当選者を対象とし、新宿~秦野間で運転された。その後、小田原まで回送されて、海老名経由で喜多見へと戻った。
 翌30日は、現役乗務員企画の「わくわく、喜多見・海老名車両基地ツアー」として、事前購入者が対象となった。喜多見検車区で集合・乗車ののち、洗浄線体験やジャンケン大会が行われて出庫。成城学園前~新宿~伊勢原~海老名間を走行し、海老名検車区到着後は静態保存中の初代ロマンスカー"SE"の公開がサプライズで行われた。
松田信介(大阪府)
20181001205049-74b6cf04fadfcb34601a7e7b2e5e7024fbc7c61b.jpg 前線に伴う雨のなか運転された急行〈白兎〉。
'18.9.29 福知山線 広野―相野 P:松田信介
20181001204932-5f0c89f9995b5efbd966fe48ecc935fa90ab4870.jpg 豪雨のなかを走る、急行〈白兎〉。
'18.9.29 山陰本線 上夜久野―梁瀬 P:前川昌廣
 9月29日、「山陰デスティネーションキャンペーン」に合わせて、日本旅行の主催にて団体臨時列車の急行〈白兎〉を運転された。網干総合車両所所属の12系5輌を同所所属のDD51 1191号機が牽引し、運転区間は29日が大阪(8:23発)~鳥取(15:58着)間であった。
 なお、当初は30日に復路の運転が予定されていたが、台風接近のため中止となった。
大下秀幸(山口県)
20181001203402-8e5d3d00c20d244022103dfe25b19f5ceb3c9791.jpg
復興を願う「がんばろう! 西日本」のヘッドマークが掲出された。
'18.9.29 山口線 徳佐―船平山 P:大下秀幸
20181001203510-310ca80717d6cb85620306ee8addf6814d380efb.jpeg 特別HMを掲げて駆け抜けるSL〈やまぐち〉号。
'18.9.29 山口線 津和野―船平山 P:樋上航一
 9月29日、西日本豪雨の影響で運休を余儀なくされていたSL〈やまぐち〉号が約3ヶ月ぶりに運転を再開した。牽引機のD51 200には、被災地の復旧・観光復興を願う「がんばろう! 西日本」のヘッドマークが掲出された。
 SL〈やまぐち〉号は、7月1日の運行後にD51 200を梅小路運転区に、検査を終えたC57 1を新山口に輸送する計画であったが、豪雨災害に伴う山陽本線の長期不通でD51が広島県内で足止めされ、運転取り止めとなっていた。
レイル・マガジン

2018年10月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.