鉄道ホビダス

【JR東】〈風っこ善知鳥号〉運転

久保田健一(神奈川県)
20180910211700-066d03d3f271cd199befd21617dbd10c50136986.jpg 中央東線の旧線区間を行く〈風っこ善知鳥号〉。
'18.9.9 中央本線 川岸―岡谷 P:久保田健一
20180910211807-fd217c5deb7c71ea6fb6e1cb8aaa11fa3dcd4897.jpg 秋晴れのなか運転された〈風っこ善知鳥号〉。
'18.9.9 中央本線 下諏訪―岡谷 P:松田信彦
 昨年開催された信州デスティネーションのアフターイベントとして、今年も7月から9月にかけて長野県内を中心にイベント列車が運行されている。9月8日には大糸線松本~南小谷間で後述するような列車同様の団体列車扱いの"びゅうコースター風っこ"が運行され、翌9日には篠ノ井・中央東線松本~辰野~富士見間にて臨時快速列車〈風っこ善知鳥号〉が運行された。
 この列車は、キハ48形"びゅうコースター風っこ"2連の富士見方にEF64 1052を、そして松本方にDD16 11を連結したプッシュプルで運行された。両機関車には特製ヘッドマークを掲出し、初秋の信州路を快走。特にEF64 1052に掲出されたヘッドマークには、信州のマスコットキャラクター「アルクマ」がデザインされており、好評を博していた。
レイル・マガジン

2018年9月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.