鉄道ホビダス

【神戸市】修復を待つ神戸市電1155

高見彰彦(兵庫県)
20180928174728-d74caaa1a20e77753178eaec6b1935b6d0c2e254.jpg 一部の窓ガラスが無くなっているなど、痛々しい状態。
'18.9.27 兵庫県神戸市東灘区 小寄公園
 小寄公園(旧・本山交通公園)で保存されている神戸市電1150形1155だが、2017年10月の台風21号で大きな被害を受け、ビューゲルや窓ガラスが破損し、屋根にいくつか穴が開いた。その後、同年12月までにブルーシートで覆われ、翌2018年5月頃には「復旧方法の検討に時間を要しております」という神戸市建設局東部建設事務所による貼り紙が掲示されたが、それ以降は特に進展がないままとなっている。撮影時点では、2018年9月4日の台風21号などの影響であろうか、シートがめくれており、車体の状態が確認できた。
 ちなみに1155は、神戸市電1150形8輌のなかで唯一、広島電鉄に譲渡されずに保存・展示された車輌である。
レイル・マガジン

2018年9月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.