鉄道ホビダス

【名鉄】1000系・1200系1011編成 舞木検査場へ

井上 敏(北海道)
20180920194621-153cd793c8368b3c5e2e626d52557a3dd1b13e1a.jpg 夏の終わりの青空の下、奥に見える舞木検査場へと向かう1011編成。
'18.9.16 名古屋鉄道 名古屋本線 藤川―名電山中
 名古屋鉄道では、1000系・1200系"パノラマsuper"の内外装のリニューアルを進めている。 残るオリジナル色編成は1011編成と1131編成の2本だけとなっていたが、9月16日に1011編成が舞木検査場へと回送された。約半年後には装い新たに出場する見込みである。
 残る1131編成は、パノラマカー7500系の走行機器を流用して製造された車輌でリニューアル化は予定されておらず、純粋な新造車としてはこの1011編成が、オリジナル色で残っていた最後の編成であった。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2018年9月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.