鉄道ホビダス

2018年9月 7日アーカイブ

鶴井雅人(岩手県)
20180907145235-db6f81be1db29f8f95054599a4b4242c9c63fad5.jpg ED75 759に牽かれて早朝の熊ヶ根を行く試運転列車。
'18.9.7 仙山線 陸前白沢―熊ヶ根
 9月7日、高崎車両センター高崎支所所属の12系と仙台車両センター所属のED75 758・759を使用した試運転列車が、仙台~山形間を一往復した。これは、翌9月8日に運転される〈なつかしの12系客車号〉の運転に伴うものとみられ、12系客車の前後にED75を連結したプッシュプル牽引のかたちで行われた。
長井竜平(神奈川県)
20180907144837-c857779d94e2a32db259a81b1217062dd330dd60.jpg EF64 1031に牽かれて、一路首都圏を目指す。
'18.9.6 上越線 敷島―渋川
 9月6日、総合車両製作所新津事業所で落成したE235系トウ25編成が新津~大崎間で配給輸送された。牽引機はEF64 1031であった。
 なお、今回の出場配給輸送をもって山手線用のE235系は、製造予定数50編成のうち半分が出揃ったことになる。

【JR四】2000系の夜間試運転

守屋浩二(徳島県)
20180907144205-d15d48f10506763b9d879ab9bed023ff2dd14bdc.jpg 深夜の多度津駅へ現れた2000系2輌。
'18.9.7 予讃線 多度津
 9月6日から7日にかけて、松山運転所所属の2000系2輌(2117+2151)を用いた試運転が終電後の多度津~坂出間で行われた。両車には新型の振り子式台車(S-DT69)が多度津工場にて装備されており、性能試験を目的とした試運転だとみられ、今後の動向が注目される。
 なお、試運転後は多度津工場へと回送された。

【JR貨】EF65 2092 大宮出場

藤原匡秀(東京都)
20180907143448-2a231701c980ec4e5ec24d089dd1622d1dd82092.jpg 東大宮(操)から大宮駅貨物5番線へ入線するEF65 2060〔新〕。牽引機はEF65 2092〔新〕。
'18.9.6 東北本線 大宮
 新鶴見機関区所属のEF65 2092が、全般検査を終え「国鉄特急色」に塗装が変更されて、9月6日に大宮車両所を出場した。牽引機は同区所属のEF65 2060で、大宮~東大宮(操)~西浦和~新鶴見(信)まで全区間を担当した。
 同機は、「常用ブレーキ減圧促進改造機」の特徴である赤色ナンバープレートで、MR管付きではあるがスノープラウなしのタイプである。MR管付きのため甲種輸送の仕業にも充当されるこのタイプの「国鉄特急色」復帰機は、2016年4月に一連の「国鉄特急色」復帰第一号機となった2139号機以来となる。なお、同区所属のEF65 2000番代のうち同色機は10機目となり、特急色で運用される機関車の姿がより多く見られることとなる。
福田智志(埼玉県)
20180907143008-2eb26a1eacc1c1b825519fdc10cb3a41562fa24c.jpg 2100形2149編成を使用した「京急油壷マリンパーク」50周年記念ラッピング電車。
'18.9.6 京浜急行電鉄 京急川崎
 京浜急行電鉄では、「京急油壷マリンパーク」が開業50周年を迎えたことを記念して、9月1日から11月25日までの予定で2100形2149編成を「京急油壷マリンパーク」50周年記念ラッピング電車として運転している。前面にはかつて運転されていた〈マリンパーク号〉をモチーフとしたヘッドマークが掲出され、側面には「京急油壷マリンパーク」の動物たちがラッピングされている。
レイル・マガジン

2018年9月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.