鉄道ホビダス
  • TOP
  • RMニュース
  • 【北越急行】「大地の芸術祭」ラッピング列車運行開始

【北越急行】「大地の芸術祭」ラッピング列車運行開始

宮島昌之(石川県)
20180807132105-373680d94dcb490e644f6029a335fc2274593a8c.jpg
臨時列車〈大地の芸術祭号〉に使用されるラッピング列車"DAICHI号"。
'18.8.5 北越急行ほくほく線 まつだい―十日町
 北越急行ほくほく線では、新潟県の越後妻有地域 (十日町市、津南町)で開催されている「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」に合わせ、7月29日より同芸術祭をイメージしたラッピング列車"DAICHI(だいち)号"の運行を始めた。
 ラッピングはHK100形2輌1編成(HK100-101+HK100-102)に施され、デザインはコスチューム・アーティストの、ひびのこづえさんが担当した。  このラッピング列車は、越後湯沢~まつだい間を1往復する臨時列車〈大地の芸術祭号〉(会期中の土日祝日運行、8月11・12日を除く)で主に使われるほか、普段の普通列車にも随時使用される予定である。
 なお、7月28日には、まつだい駅で行われた「ラッピング列車事前披露会」の返却を兼ねた臨時快速(まつだい~六日町間)が運転されたほか、「ぎおん柏崎まつり海の大花火大会」に合わせ、7月26日に運転された団体臨時列車に1輌だけ使用された模様である。
レイル・マガジン

2018年8月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.