鉄道ホビダス

【JR東】長岡花火大会に伴う車輌運用の話題

加藤孝英(埼玉県)
20180807135637-eb8a957ead88a3537e8f6fa2a6eda35c19c5233a.jpg
2日限りの復活となった信越本線での115系×6輌運用。
'18.8.3 信越本線 北条―越後広田
 8月2日から3日かけて開催された「長岡花火大会2018」への輸送対策として、信越本線・上越線の普通列車を中心に定期列車の増車、臨時列車の運転による増発が行われた。
 特に信越本線では、通常115系3輌で運転される新潟~新井間の快速列車が6輌編成で運転され、注目の的となった。また、直江津~長岡間の一部列車で通常はE129系で運転されるところを、えちごトキめき鉄道所属のET127系が代走した。
レイル・マガジン

2018年8月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.