鉄道ホビダス

【JR東】E353系〈あずさ〉・〈かいじ〉運行開始

大森岳人(東京都)
20180703120550-eadd288e42062e396cc57e2ce4ad4ad6adae3bec.jpg
中央線快速E233系の10輌編成より短い、E353系S109編成9輌編成。
'18.7.1 中央本線 東京
20180703120652-26c0bb3dab76eaae0885d897e77cac1c6104a616.jpg
初の東京駅発E353系営業列車となった〈かいじ113号〉。
'18.7.1 中央本線 東京
 7月1日より、中央本線の特急〈あずさ〉が10往復中3往復、〈かいじ〉が12往復中9往復、それぞれE257系からE353系に置き換えられた。
 2017(平成29)年12月23日と2018(平成30)年3月17日に、〈スーパーあずさ〉が段階的にE353系に置き換えられたが、いずれも12輌編成での運行で、今回は9輌編成の運行が新たに開始された。
 3月17日以降、E353系は主にS102+S202~S105+S205の4編成と、S106+S201(量産車に合わせて改造出場)1編成が〈スーパーあずさ〉に充当されていたが、7月1日からはS107~S111編成の充当も開始された。今後もE257系の置き換えが進むことが報じられている。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2018年7月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.