鉄道ホビダス

【西武】多摩川線の新101系 すべて色違いに

中村直樹(埼玉県)
20180709193744-abc8c1f2110353197dcf4828c7f9b75062857f19.jpg
早朝の4編成の並び。左端より253・247・249・251(開いている踏切より撮影)。
'18.7.8 西武鉄道多摩川線 白糸台
 7月7日と8日、西武鉄道は多摩川線の車輌交換を実施し、近江鉄道100系仕様で水色の新101系251編成が小手指車両基地から白糸台車両基地へ、また白糸台車両基地から小手指車両基地へ白色の245編成が輸送された。西武線内の牽引は新101系263編成で、JR線内甲種輸送の牽引は新秋津〜新座貨物ターミナル〜八王子〜武蔵境〜八王子が新鶴見機関区所属のEF65 2084、八王子〜新秋津が新鶴見機関区所属のEF65 2068であった。
 今回の車輌交換により、多摩川線で運行される新101系は251編成のほか黄色とベージュの249編成、赤電仕様の247編成、白色の253編成となり、多摩川線でも新101系ワンマン運転改造車が運行を開始した2010年以来初めて、4編成すべてが色違いとなった。251編成は7月11日より多摩川線で運行の予定。
レイル・マガジン

2018年7月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.