鉄道ホビダス

2018年7月19日アーカイブ

【JR貨】EF65 2101塗色変更

霜田博行(東京都)
20180719194419-daa669088cf3cf0b5abcae4554e201ab703c13f6.jpg
常磐線の有名撮影地を行く。
'18.7.16 常磐線 松戸―金町
 JR貨物・新鶴見機関区所属のEF65 2101が全般検査を終え、国鉄特急色となって大宮車両所から出場した。今回も国鉄特急色となったが、プレートの部分が従来の青色から国鉄特急色本来のものに変わったのが大きな特徴である。運行は7月13日のA60運用(新鶴見発倉賀野行3091列車)から開始された。

【JR四】四国の話題

山﨑遥大(愛媛県)
20180719184659-e671281419adad817039c54484298d1391cb6c48.jpeg
N2000系を先頭に走る8D〈しおかぜ8号〉。
'18.7.14 予讃線 大浦―浅海
20180719184718-363cf1585372a3e2b928edc8906421eadaa37e1d.jpeg
予讃線の名撮影地を走る7200系。
'18.7.12 予讃線 浅海―大浦
○2000系〈しおかぜ〉の復活
 2016年改正で全列車が電車化された〈しおかぜ〉号だが、先日の大雨の影響と検査による車輌不足のため、7月14日の〈しおかぜ8号〉と〈しおかぜ5号〉は2000系特急気動車で代走された。2000系営業列車の伊予西条~松山間の走行は実に2年以上ぶりのことと思われる。また、3月に松山運転所に転属してきたN2000系2426号も充当された。

○7200系松山入線
 先日の大雨で観音寺~本山間が不通となり、所属先の高松運転所へ帰れなくなった7200系R07編成とR13編成が、何らかの作業のため松山運転所へ回送された。7200系の伊予西条~松山間の入線はこれが初と思われる。
前川昌廣(奈良県)
20180719190455-b026e045b4a962c8c4519e856e775232c864cb2d.jpg
ダークグリーンに塗装された8400系。
'18.7.18 近畿日本鉄道田原本線 但馬―箸尾
 近畿日本鉄道田原本線の開通100周年を記念した復刻塗装列車の第2弾が、7月18日より運用開始された。
 第2弾は8400系(8409+8459+8309)の3輌編成で、塗装は第1弾のマルーン+銀帯に対しダークグリーン1色とされ、田原本線での運用時に限り100周年記念ヘッドマークが掲出されて運転される。
高橋孝一(群馬県)
20180719183755-fa892a5ba6b2bafb921b41c5611f0317ccc17ed5.jpg
両運転台付のデハ205による定期列車の単行運行。
'18.7.17 上信電鉄 佐野のわたし―根小屋
 上信電鉄の列車は通常、2輌編成で運転されているが、7月13・17日の2日間、上州富岡~高崎間の朝の2本の列車について、1輌の単行運転が行われた。運用に就いたのは両運転台付のデハ205で、定期列車の単行運転は極めて珍しい。なお、単行運転期間は当分の間と発表されていたが、7月18日には2輌編成に戻った。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2018年7月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.