鉄道ホビダス

2018年7月 9日アーカイブ

高橋孝一(群馬県)
20180709191835-19160068e7389991572f5b0434fed8148c5a948d.jpg
新前橋で発車を待つ復路の〈SL YOGISHAみなかみ〉。
'18.7.7 上越線 新前橋
 7月7日、上越線高崎~水上間で高崎車両センター高崎支所所属のC61 20が12系客車5輌を牽引する〈SL YOGISHAみなかみ〉が運転された。往路の運転ダイヤは夕暮れ時の高崎16:50発・水上18:52着で、復路は「夜汽車」の雰囲気を楽しめる水上20:41発・高崎22:38着であった。
森 政貴(東京都)
20180709191049-d5de4c8d6c13d016a075b07c8e1cc914c95d8bcb.jpg
七夕HM掲出と「龍」の特別装飾を施されたC11 207。
'18.7.6 東武鉄道鬼怒川線 鬼怒川温泉
○七夕限定オリジナルHM掲出
 7月6日~9日運転分の〈SL大樹〉に、かつて国鉄~JR西日本などで活躍した寝台特急〈彗星〉をイメージしたオリジナルHMが掲出され運転された。SL側とDL側で、それぞれ異なるデザインであった。
○「龍」の特別装飾
 7月6日より、C11 207のデフレクターに「龍」をイメージした装飾が施されている。これは7月27日より鬼怒川・川治地区で開催される「龍王祭」を記念したものである。この装飾は7月29日までの予定。
大野克樹(神奈川県)
20180709192646-67f3463e1d4031c0d9d6084f1ec5b409949044dc.jpeg
HMを掲げて成田に向かう。
'18.7.7 京急電鉄久里浜線 北久里浜―京急久里浜
 京急・都営・京成の3社局相互直通50周年を記念した臨時列車が運転された。京急線からは三崎口発成田行(高砂まで定期列車・高砂~成田間延長運転)の〈成田山〉号、京成線からは成田発三浦海岸行の〈城ヶ島マリンパーク〉号がそれぞれ特製HMを付け運転された。京急車は1707編成、京成車は3038編成が使用された。
中村直樹(埼玉県)
20180709193744-abc8c1f2110353197dcf4828c7f9b75062857f19.jpg
早朝の4編成の並び。左端より253・247・249・251(開いている踏切より撮影)。
'18.7.8 西武鉄道多摩川線 白糸台
 7月7日と8日、西武鉄道は多摩川線の車輌交換を実施し、近江鉄道100系仕様で水色の新101系251編成が小手指車両基地から白糸台車両基地へ、また白糸台車両基地から小手指車両基地へ白色の245編成が輸送された。西武線内の牽引は新101系263編成で、JR線内甲種輸送の牽引は新秋津〜新座貨物ターミナル〜八王子〜武蔵境〜八王子が新鶴見機関区所属のEF65 2084、八王子〜新秋津が新鶴見機関区所属のEF65 2068であった。
 今回の車輌交換により、多摩川線で運行される新101系は251編成のほか黄色とベージュの249編成、赤電仕様の247編成、白色の253編成となり、多摩川線でも新101系ワンマン運転改造車が運行を開始した2010年以来初めて、4編成すべてが色違いとなった。251編成は7月11日より多摩川線で運行の予定。
佐野 徹(京都府)
20180709195202-00648c96e31675590c1e9f6eaeb630aa7d14c821.jpg
七夕の日は出町柳~修学院間で運転された「七夕伝車」。
'18.7.7 叡山電鉄叡山本線 一乗寺―修学院
 叡山電鉄では7月1日から8月15日まで、800系車輌の1編成を用いて「七夕伝車」を運転している。
 前面には七夕伝車のヘッドマークが掲出され、車内には小学生以下の子どもたちが願いごとを書いた短冊が飾られている。
 七夕当日はデオ801+851編成が充当されたが、大雨の影響により、出町柳~修学院間のみで運転された。


レイル・マガジン

2018年7月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.