鉄道ホビダス

2018年7月 4日アーカイブ

海老澤瑛一(埼玉県)
20180704162724-73438162364fda7d82653fb34c2a936a410b979c.jpg
威風堂々とEF81-81号機が列車の先頭に立つ。
'18.6.30 東北本線 東大宮―蓮田
 4月1日から行われていた栃木デスティネーションキャンペーンの最終日であった6月30日、フィナーレを飾るクロージングイベントの一環として〈SLばんえつ物語〉号の客車を使用した臨時快速列車〈那須野物語〉が、大宮~黒磯間の片道のみ運転された。
 列車は黒磯方にEF81 81、大宮方にEF64 1051を連結したプッシュプル運転で、普段見られない組み合わせであることからレイル・ファンの注目を集めた。
鶴井雅人(岩手県)
20180704164624-5abc223fb1678dc21640181ec3daa75b1d5b3263.jpg
梅雨空の宮守めがね橋をゆく三鉄36形。
'18.7.4 釜石線 宮守―柏木平
 7月4日、三陸鉄道36-700形(36-705+36-706・北リアス線所属車輌)の宮古~釜石間の回送運転が山田線・東北本線・釜石線経由で行われた。2011(平成23)年3月11日の東日本大震災により甚大な被害を受け不通となっている山田線海側区間が来春復旧するとともに、三陸鉄道に経営移管されることに伴う措置と思われる。
レイル・マガジン

2018年7月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.