鉄道ホビダス

【JR西】高山本線向けキハ120 リニューアル改造

宮島昌之(石川県)
20180622201747-a7acb334b0afed7c23a0e70044efdba2ba680301.jpg
乗降ドアは順次ボタン式半自動扱いに置き換えられる。
'18.6.22 IRいしかわ鉄道 倶利伽羅
 高山本線(富山~猪谷間)で運用されている金沢総合車両所富山支所所属のキハ120 318が、後藤総合車両所での検査およびリニューアル改造を終え出場した。
 所属先への返却輸送は6月20日から22日にかけて行われ、米子~宮原(操)間は網干総合車両所宮原支所所属のDD51 1192、宮原(操)~敦賀間は敦賀地域鉄道部敦賀運転センターのEF81 114がそれぞれ牽引したほか、最後の敦賀~金沢総合車両所富山支所間は自走で回送された。
 同車は金沢総合車両所富山支所所属のキハ120形(高山本線)では初めてのリニューアル改造車になる。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2018年6月   

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.