鉄道ホビダス

【伊豆箱根鉄道】駿豆線3501編成が塗装変更

瀧井翔一(東京都)
20180619170358-9f8d6f4ca71805b6db390147c21d2d0c8350a1db.jpg
江ノ電に似た「軌道線塗装」に変更。
'18.6.15 伊豆箱根鉄道駿豆線 大場
 6月12日より、駿豆線用3000系3501編成が緑とクリーム色の軌道線塗装となり営業運転を開始した。これは駿豆線の開業120周年にちなみ、三島と沼津の両市内を走っていた旧軌道線の車輌塗装を復刻したもので、5月26日に開催された「駿豆線開業120周年イベント」で一部車輌が先行展示された。
 なお、同編成が軌道線塗装となる前は「ラブライブ! サンシャイン!!」仕様で運転されていたが、4月1日開催の「いずっぱこスプリングフェスタwithスイーツフェア」で最終運行となり、その後大場工場へ全般検査のため入場していた。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2018年6月   

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.