鉄道ホビダス

【天竜浜名湖鉄道】TH2101湘南色化

勝浦帆玖斗(静岡県)
20180516190838-92692842b6c4aed2427faa880ae4008a8206b96d.jpg
約11年ぶりに湘南色が静岡に帰って来た。
'18.5.16 天竜浜名湖鉄道 掛川―掛川市役所前
 天竜浜名湖鉄道では、5月16日から新ラッピング車輌TH2101を"Re+(リ・プラス)"として運行開始した。"Re+"の車体は111・113系を思わせる湘南色とされ、車内は座席が青色モケット+白色ヘッドレスカバーなり、床は木製風となった。また、二俣車両区を表す「静マタ」の標記が国鉄書体で再現されている。
 同車は5月16日の天竜二俣15:23発234レから運行が開始された。運行予定表は同社のウェブサイトで公開されている。
レイル・マガジン

2018年5月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.