鉄道ホビダス

2018年5月11日アーカイブ

高橋孝一(群馬県)
20180511202656-2fce8b1dec227e174f9cae95d787a21f0cf4b9f3.jpg
下仁田方からクモハ151+クモハ152の2輌編成。
'18.5.10 上信電鉄 佐野のわたし―根小屋
 上信電鉄の151形車輌が5月25日をもって営業運転を終了をする。同社のウェブサイトで5月7日発表があった。
 運転を終了するのはクモハ151とクモハ152で、国鉄(~JR)の101系の影響を受けた切妻の正面デザインが特徴。このほど西武鉄道時代から合わせて53年間の歴史に幕を閉じる。
 この発表後、車体正面に「ありがとう151形」とデザインされた円形のヘッドマークが掲出され、高崎~下仁田間で通常運転が継続されている。
レイル・マガジン

2018年5月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.