鉄道ホビダス

2018年5月 8日アーカイブ

石堂皓正(兵庫県)
20180508223739-5c80873a16b7341875b95dfd96fb7580ddc3a5a0.jpeg
専用のコンテナを積載した編成。
'18.5.2 山陽本線 須磨―塩屋
 5月2日、長期休暇の際に運転される産業廃棄物専用貨物が広島貨物ターミナル~京都貨物ターミナル間の往復で運転された。牽引機は往路の広島貨物(タ)から京都貨物(タ)、復路の吹田貨物(タ)まではEF66 114が、吹田貨物(タ)から広島貨物(タ)まではEF210 144が担当した。
藤井浩貴(京都府)
20180508221641-6a998c0f8f2e1053330e7fe47d70c76e5ec614e1.jpeg
簡易な回送表示で本線を走行する103系。
'18.5.7 東海道本線 高槻
 5月7日、吹田総合車両所奈良支所所属の103系NS412編成が向日町操車場から本所まで回送された。廃車のためと思われる。回送時は回送の簡易的な幕が前後先頭前面にのみ取り付けられた。なお、運用番号表示は蛍光灯ごと抜かれていた。

【JR四】大型連休中の話題

宇田 映(愛媛県)
20180508220719-637fa0bcba7ce3068b779c68180cb26c181fe4d9.jpg
基本編成を2組組み込み、8連化された8600系〈しおかぜ〉。
'18.4.30 予讃線 讃岐塩屋―多度津
 JR四国では例年大型連休中に増結などを行い、乗客増の対応に当たっているが、今年は8600系も増結を行い8連で運転された。
 これは昨年、基本編成が1本新製されたことにより可能となったもので、従来の7連2本使用を1本に減らし、基本3連×2組にプラス付属2連で8連を組んで運用された。残った編成は付属2連を2本使用して、代走〈いしづち〉に使用されている。
 なお、8600系の8連は今回が初めてではなく、付属編成が検査入場しているときに暫定で運用に入ったことがある。
南部縦貫鉄道レールバス愛好会 野平茂雄(千葉県)
20180508194519-0a5e5637278dc1b2030c4a00545a33e32fa179df.jpg
撮影会で並べられたキハ101とキハ102。
'18.5.5 旧 南部縦貫鉄道 七戸
 大型連休中の5月4日・5日、旧南部縦貫鉄道七戸駅構内にて「レールバスとあそぼう2018」が開催された(主催:南部縦貫鉄道レールバス愛好会・七戸町)。
 体験乗車はレールバスのキハ102を使用して行われ、今や貴重となった機械式2軸車輌の独特な乗り心地を多くの人が体験した。体験乗車終了後に行われた撮影会では、キハ104とDC251も展示された。
レイル・マガジン

2018年5月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.