鉄道ホビダス

2018年5月 2日アーカイブ

菅沢幸宏(千葉県)
20180502184421-8c684f719614c3e5b5d279bb70595ac3a93a57c0.jpg
新緑の中の第一只見川橋梁を渡る4輌編成の団体列車。
'18.4.30 JR只見線 会津桧原―会津西方
 4月30日、小牛田運輸区所属の"びゅうコースター風っこ"を使用した団体臨時列車『只見線観光トロッコ 開運福袋列車』が、只見線会津若松~会津川口間で運行された。編成は会津川口方よりキハ48 1541+キハ48 547(以上"風っこ")+キハ40 584+キハ40 571であった。
 併結された郡山運輸区所属のキハ40 584とキハ40 571は、只見線で初となる「ブライダルトレイン」で、今回4組の新郎新婦の挙式がとり行われた。なお、ブライダルトレインのヘッドマークは"風っこ"側の前面にのみ掲出されていた。
鈴木一雄(北海道)
20180502183301-9c9cb82e3c45674c5389067b4fe1d14b1727506a.jpg
釧路駅で公開された"森の恵み"号キハ40 1779。
'18.4.30 根室本線 釧路
 北海道命名150年の記念事業として、キハ40形4輌に施される「北海道の恵み」シリーズのラッピング車のうち、2輌目となる"道東 森の恵み"(釧路運輸車両所所属キハ40 1779)の車輌公開が4月30日、釧路駅と帯広駅で開催された。
 釧路駅ホームへはキハ40 777(首都圏色)と併結して入線、展示後に併結したまま定期列車2524Dとして帯広まで運用された。その際、"森の恵み"号は締切扱いであった。
 "森の恵み"号は5月3日から定期運用開始とのことである。
加藤孝英(埼玉県)
20180502121505-bc6098e285a450ad6ea1a9d64f277d2f1210f94d.jpg
別所線で活躍する後輩との並びも度々見られた。
'18.4.28 上田電鉄別所線 下之郷車庫
 上田電鉄では、5月12日に7200系最後の編成となる7255編成(まるまどりーむ号)が引退するのに伴い、4月28日に「さよなら7200系撮影会」を下之郷車庫にて開催した。「快速 信州鎌倉号」をはじめとする、かつて7200系で使用されたヘッドマークの取り付け、行先表示の回転が行われた。
 会場では「さよなら7200系撮影会記念入場券」が限定発売されたほか、長野県内の私鉄各社によるグッズ販売、7200系に使用されていた部品やヘッドマークの入札形式による販売が行われた。
松田重彦(大阪府)
20180502113208-f6919b50c20cc4853f50b75ae063b5eb99ca59d6.jpg
軽快に上り勾配を走行するHB-300形。
'18.4.29 奥羽本線 浪岡―大釈迦
 4月28日~30日の3日間、八戸運輸区所属のHB-E300系"リゾートあすなろ"2輌編成を使用した快速〈リゾートあすなろ 弘前桜〉号が八戸~弘前間(青森経由)にて運転された。時刻は1号が八戸(8:16発)~弘前(11:09着)、2号が弘前(15:08発)~八戸(17:53着)で、全車指定席で運行された。
鈴木一雄(北海道)
20180502112707-3ad9c119ae00d2d657d4b37716f843aefea73cde.jpg
出発合図をする釧路駅長とミスマーメイド。
'18.4.28 釧網本線 釧路
 4月28日より、釧網本線を走る〈釧路湿原ノロッコ号〉の今季の運行が開始された。運行開始日の4月28日は釧路駅で出発式が行われ、釧路駅長などの出発合図で列車が発車していった。
 〈釧路湿原ノロッコ号〉は釧網本線釧路~塘路間を走る快速列車で、専用塗色の機関車(DE10 1660または1661)が客車4輌(普通客車×1輌、展望客車×3輌)を牽引する。
レイル・マガジン

2018年5月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.