鉄道ホビダス

2018年4月27日アーカイブ

近藤規夫(東京都)
20180427175221-5785f8b02992f99e331a8300b8bc5b0f1f3e7184.jpg
国鉄特急色の189系もこれで消滅。
'18.4.27 中央本線 高尾―相模湖 P:近藤規夫
20180427175314-bff18e5d1edec2d70e91658c215d25a89697f178.jpg
ぼんやり富士山も189系をお見送り。
'18.4.27 中央本線 長坂―小淵沢 P:久保田健一
 豊田車輌センター所属189系M51編成(国鉄特急色)のラストランを記念した旅行商品「さよなら189系M51編成ラストラン」が4月27日に催行され、豊田~長野間の片道で団体臨時列車として運行された。行き先表示は「団体」で、3月25日の「特急〈かいじ〉30周年記念列車」の際に施されたJNRロゴが存置されていた。
 なお、22日にラストラン運行した同所のM52編成(グレードアップあずさ色)は、25日深夜~26日にかけて長野車輌センターへ廃車回送されており、当編成の引退に伴い、豊田車輌センターから189系電車の配置がなくなることとなった。

◆関連記事

listmark【JR東】189系M52編成ラストラン

星出昌宏(山口県)
20180427173024-327f237488f23d96ab844f3b74601ac5658952a5.jpg
DD51 1043 を伴って試運転を行うC56 160。
'18.4.27 山口線 篠目
 5月27日の〈SL北びわこ号〉の運転を最後に引退が予定されているJR西日本のC56 160だが、山口線でも5月5日のSL〈やまぐち〉号でのD51 200との重連運転、同6日の〈ありがとうC56〉号の運転をもって同機の運行を終了することとなった。そのための試運転が4月27日に行われ、DD511043を伴って新山口~津和野間を1往復した。
宮島昌之(石川県)
20180427172339-a0a0cb671942256a9013a1f530cb77b97ebbcce6.jpg
右手前よりキハ47 42+キハ40 2084(伴車)。
'18.4.26 北陸本線 松任
 金沢総合車両所富山支所所属のキハ47 42が、金沢総合車両所松任本所での全般検査を終え4月26日に出場、北陸本線で試運転を行った。試運転のために必要な伴車は、同富山支所所属のキハ40 2084が担当した。
 キハ47 42の外装は、これまで富山県氷見市のPRラッピングをまとっていたが、今回の検査を経てラッピングは外された。これにより同富山支所所属の車輌のうち、キハ47形のラッピング車輌はなくなり、すべて朱色となった。
 なお、キハ47 42は2010年5月に終えた全般検査にて、金沢総合車両所富山支所所属(当時は富山地域鉄道部富山運転センター)では初めて朱色単色化された車輌である。

◆関連記事
listmark【JR西】キハ47 42 朱色塗装で出場


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2018年4月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.