鉄道ホビダス

2018年4月 4日アーカイブ

宮崎誉司(静岡県)
20180404134343-19d8e2cec7707d4dcbf4c5ba7937bc061aefeb3a.jpg
東京駅でJR東日本・JR東海合同お見送り。
'18.4.1 東海道本線 東京
 2019年4月1日から6月30日の期間で、静岡デスティネーションキャンペーンが開催される。そのプレキャンペーンが本年4月1日より始まった。
 初日は、東京~静岡間で185系を使用した団体専用列車・快速〈プレDC静岡まつり〉号が、名古屋~静岡間では373系を使用した臨時急行〈静岡まつり〉号が往復で運転された。
 東京駅では、JR東日本・JR東海の2社の職員が集まり、出発セレモニー・手振りのお見送りが行われた。プレDCでは今後も同様の臨時列車の運行が予定されている。
宇田 映(愛知県)
20180404133548-ab1bf7fabab6c025709e4d0fa4b42c5e1bc59c92.jpg
国鉄色のEF65 2066四国に。
'18.4.2 予讃線 詫間―みの
 3輌目の国鉄色となったEF65 2066号機が31日の75列車ではじめて四国に入線し、2日の四国内運用3075~3074列車に充当された。なお、3月の改正で3075~3074列車は土休日運休となっている。
大槻慎一(愛知県)
20180404123227-83178635d37fd804fd7dc09dd6fde5270332ced1.jpg
真新しい国鉄色のロクヨンが快晴の岡崎市を走行。
'18.4.3 東海道本線 岡崎―西岡崎
 全般検査を終え国鉄色に塗装変更されたEF64 1022が東海道線での運用に就き、4月2日の8862列車~4月3日の9863列車に充当された。両列車とも塗装変更後初の運用になる。
井上遼一(大阪府)
20180404122357-1b0029f54e35002259dd837afde4286830b80efc.jpg
5編成を残すのみとなった、奈良線用103系。
'18.4.3 奈良線 東福寺―稲荷
 これまで主に奈良線で活躍してきた吹田総合車両所奈良支所所属の103系4連は、221系の運用増加に加え、3月17日のダイヤ改正からは日根野支所から奈良支所へ転属してきた205系1000番代が営業運転を開始したのに伴い、徐々に勢力を縮小されつつある。
 奈良支所所属の103系4連についても順次廃車及び疎開が進められており、現在も奈良線で運用されている103系はNS401編成・NS404編成・NS407編成・NS411編成・NS413編成の5編成を残すのみとなった。
玉木裕一(埼玉県)
20180404121605-d2aa60c5e3b77811893ba8ff10dbe4545430e6a9.jpg
秋田へ北上する中央総武線209系500番代の配給列車。
'18.4.3 高崎線 宮原―上尾
 4月3日、三鷹車両センター所属の209系500番代C506編成が豊田→高崎→土崎の経由で秋田総合車両センターへ配給輸送された。転属改造のためと思われる。豊田→高崎まではEF64 1030、高崎からはEF81 136がそれぞれ牽引した。
レイル・マガジン

2018年4月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.