鉄道ホビダス

【阪急】ラッピング列車登場

松田重彦(大阪府)
20180320203821-587a9c4ded66ef89f889ce5c42030cf476b502c1.jpg
2代目「宝夢」は1001Fが起用された。
'18.3.18 阪急電鉄宝塚線 十三―三国
 阪急電鉄では、沿線の観光スポットなどを車輌側面にデザインした新たなラッピング列車の運行を、神戸線・宝塚線・京都線の各線で3月17日より開始した。それぞれ1列車8輌編成である。
 2017(平成29)年11月まで運行していたラッピング列車の愛称は引き継がれるが、編成は変更されており、「爽風KAZE」が1002編成(神戸線)、「宝夢YUME」が1001編成(宝塚線)、「古都KOTO」が1301編成(京都線)となっている。運行期間は2019(平成31)年3月31日までを予定している。
レイル・マガジン

2018年3月   

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.