鉄道ホビダス

2018年3月 7日アーカイブ

水野 誠(福島県)
20180307201106-46bb54abaff47338b15d30e8d256b21a2aebcf6e.jpg
マヤ50 5001が仙台から宇都宮へ回送された。
'18.3.6 東北本線 矢吹―泉崎
 3月6日、JR東日本ではマヤ50 5001が仙台から宇都宮へ回送された。牽引機は田端運転所所属のEF81 97号機であった。
 今後、日光線・磐越東線などの検測に使用されると思われる。
宮島昌之(石川県)
20180307200523-a4a22144df2750ffaee2deb23461410f99f57107.jpg
複線化された併用軌道で行き違う"ポートラム"。
'18.3.6 富山ライトレール富山港線 インテック本社前―奥田中学校前(歩道より撮影)
 富山ライトレールでは、富山市永楽町内の併用軌道の一部で複線化の工事が完成し、3月4日の始発から供用を開始した。
 区間は河川「いたち川」に架かる八田橋の東詰から奥田中学校前電停までの約340mで、朝を中心に車の渋滞や信号待ちなどの影響による運行の遅延を改善するため工事を進めていたものである。
 一部複線化に伴い八田橋の東詰に分岐器と専用信号が稼働、奥田中学校前電停から併用軌道に進む場合、対向の電車の到着を待たずに出発することが可能となった。
松田重彦(大阪府)
20180307195833-163142e77187b8c5a4cb618c19c0bcc230e31001.jpg
HMで万博誘致をアピール
'18.3.7 阪急電鉄千里線 北千里
 阪急電鉄では、2025年に大阪・関西での開催を目指している国際博覧会(万博)の誘致活動をさらに盛り上げるため、3月5日より神戸・宝塚・京都の各線5編成・計15編成にヘッドマークの掲出および側面扉横へのステッカーの掲示を開始した。
松田信彦(大阪府)
20180307121620-08958ff778e5c126701d638ba05a53d7cf34228d.jpg
側面に日本語と英語で万博誘致をPR。
'18.3.6 南海線 住吉大社
 2025年に大阪での開催を目指している国際博覧会(万博)の誘致活動をさらに盛り上げるため、ラッピングを施された「空港特急 ラピート万博誘致号」が2月26日より運行を開始した。11月まで運行の予定。
福田 智志(埼玉県)
20180307114413-9eceb21a45145ac32ccbb2cd2b134e231ebaec0a.jpg
ピンク色のラインが特徴。
'18.3.3 東京モノレール羽田空港線 流通センター―昭和島
 東京モノレールでは、開業からの利用客が20億人を突破したことを記念して、2月28日から「ご乗車20億人サンキュートレイン」の運転を開始した。1000形の1001編成が使用され、ラインをピンク色に変更し、前面にヘッドマーク掲出、側面に20億人突破をPRしたラッピングが施されている。
 3月31日までの運行予定であり、運転予定時刻は東京モノレールのウェブサイト上に公開されている。
レイル・マガジン

2018年3月   

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.