鉄道ホビダス

2018年3月 5日アーカイブ

久保田健一(神奈川県)
20180305210922-2f44917f15641eecb4c781ebbe9d3281e9c4e1fb.jpg
快晴の浅間山麓に、コーラレッドが映える。
'18.3.4 しなの鉄道 御代田―信濃追分
 過去に長野地区で見られた115系電車の車体色を順次復活しているしなの鉄道では、7色目の復活カラーとして、1987年から約4年間見られたコカ・コーラ電車を再現し、3月4日から運行を開始した。
 今回の復活では、クラウドファンディングと呼ばれる募金方式で塗装費用を調達し、過去にコカ・コーラ電車としての経歴がある現在のS11編成(クモハ115-1019+モハ114-1027+クハ115-1020)が選ばれ、コカ・コーラレッドに塗られ復活を遂げた。
 運行初日はクラウドファンディング参加者をはじめ、関係者ら招待客を乗せて戸倉→軽井沢間を走行した。


松田信介(大阪府)
20180305210327-0cfeaa26ed53ef2f50281739b6044b7c7ff77936.jpg
快晴のもと吉野へ向かう混色編成。
'18.3.4 近畿日本鉄道南大阪線 古市―駒ヶ谷
 近鉄南大阪線では汎用特急車輌で唯一の4輌編成であるY08+Y51編成のうち、大阪阿部野橋方2輌であるY08編成が新塗装となり出場、その後Y51編成と組んで通常運用に復帰した。
 新塗装化の途中での新旧塗装編成の併結は多くみられるが、1編成内での混色は今回が初めてと思われる。
横川 匠(鳥取県)
20180305205014-dd2fffb8a5595a3cd208abd45a304e0ec77eee1b.jpg
キハ40 2115「鬼太郎」とキハ40 2095「ねこ娘」。
'18.3.3 境線 中浜
 JR西日本では境線の"鬼太郎列車"の第2弾として、「鬼太郎」ラッピング車と「ねこ娘」ラッピング車が3月3日より運用を開始した。1993年より登場した"鬼太郎列車"は今回が5代目となる。
 今回のリニューアルでは、ねずみ男がラッピングされていたキハ40 2115が「鬼太郎」に、目玉おやじがラッピングされていたキハ40 2095が「ねこ娘」に変更された。
 4代目の「鬼太郎」と「ねこ娘」も6月頃まで運行する予定のため、新旧の「鬼太郎」・「ねこ娘」ラッピング車同士の連結運転や交換駅での並びも見ることができる。
廣村典彦(兵庫県)
20180305204232-d341240f6a4e727d943cfb6e88dc859ac8d812d1.jpg
初営業運転に充当のため、出雲大社前に向かう回送列車。先頭は7003。
'18.3.4 一畑電車 雲州平田
 一畑電車では、新型車輌7000系を2016(平成28)年12月から順次導入を進めているが、最終編成となる7004が3月4日から運転を開始した。
 営業運転初日は出雲大社前14時35分発電鉄出雲市行き特急で、7003とペアを組んで運転した。また運転開始を記念して、車内の乗客には出雲そばが配られた。
 7000系は白色基調の車体にそれぞれ「出雲の風景」をモチーフにしたラッピングを施しているが、7001は「出雲大社本殿」、7002は「宍道湖」、7003は「棚田」、そして7004は「三瓶山」となっている。
レイル・マガジン

2018年3月   

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.