鉄道ホビダス

2017年12月15日アーカイブ

石堂皓正(兵庫県)
20171215165530-ad4c5bd6c206337e8fe0d8e6809908dd4fee6a8b.jpg
所定8輌を12輌で運転
'17.12.15 山陽本線 須磨―塩屋
 12月15日、所定では223系CV編成+223系CV編成の8輌とされる5732Tの後ろ4輌の代わりに221系A15編成(8輌)が入り、223系V23編成+221系A15編成(12輌編成)での運転となった。
 同列車は12月8日にも代走で運行しており、12月8日より始まった神戸ルミナリエが関連していると思われる。
 CV編成+A編成の運用は現在は存在せず、大変貴重な姿が見られた。
藤原匡秀(東京都)
20171215202155-221db779d70a566f583d6b031ae7b639453b1832.jpg
入換動機(OM-2)に牽引されるミツB13編成
'17.12.14 大宮(11番ホームより)
 12月14日、三鷹車両センター所属のE231系0番代ミツB13編成が大宮総合車両センターへ入場した。武蔵野線用または川越・八高線用3000番代への転用改造のためと思われる。
 前日の13日には、川越・八高線用の3000番代の2編成目が秋田から配給輸送されている。一方、先月に同センターへ入場したミツB9編成はまだセンター内で改造中であり、これで三鷹車両センターのE231系0番代の転用改造の動きがますます活発になるものと思われる。
レイル・マガジン

2017年12月   

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.