鉄道ホビダス

【山陽】山陽3000号さよなら運転が行われる

廣村典彦(兵庫県)
20171124203954-6af63dd88c822aa9c6234088840643f68368a921.jpg ラストランのHMを掲げ本線を駆け抜ける3000F。
'17.11.23 山陽電気鉄道本線 白浜の宮―妻鹿 P:石堂皓正
 11月23日、山陽電鉄3000系3000号アルミカー(西代側3000-3001-3600)のさよなら運転が行われた。前後にはローレル賞をモチーフにしたヘッドマークが取り付けられ、運転区間は東二見~(回送)~山陽姫路~山陽明石~東二見間であった。
 募集人員120人に対し応募が1300人という競争率を突破した参加者を乗せて、9時20分に山陽姫路駅を出発。高砂で直通特急に道を譲り、明石駅4番線に到着した。折り返しは上りホームの4番線から下るという珍しい展開で、東二見へ。入庫後に撮影会と引退式が行われた。
 山陽3000号は1964年12月に川崎車輌で製造。翌月から運転を開始し、半世紀以上の53年11ヶ月を走り続けた。当時としては画期的なオールアルミ車体が評価され、1965年には鉄道友の会からローレル賞を受賞した。快晴のなか、沿線は大勢のカメラマンで賑わった。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2017年11月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.