鉄道ホビダス

2017年11月20日アーカイブ

松田重彦(大阪府)
20171120185836-dc21aa676ce3eea19d392ec870e5125b06d079ab.jpg
宝塚発今津線経由嵐山行〈とげつ〉
'17.11.19 阪急京都線 南茨木
 11月18日より、阪急電鉄では嵐山への行楽を主眼とした秋の臨時直通列車の運転を開始した。
 運転期間は11月18日・19日・23日・25日・26日の5日間で、区間は天下茶屋(大阪市交通局堺筋線)・高速神戸・宝塚(今津線経由)大阪梅田・河原町の各駅から嵐山まで運行される。
 なお、嵐山線内の有効長の関係上で、いずれも6輌編成での運転となる。
鶴井雅人(岩手県)
20171120182209-81d66ca872f0bf49fe6aa150a087f7246f8c2fac.jpg
DD51重連に牽引されて紀州路を行く"サロンカーなにわ"。
'17.11.19 紀勢本線 岩代―南部 P:鶴井雅人
20171120182103-12a09168bd0a044558ff0392e8fdd56b6d357f64.jpg
往路は〈くろしお〉をイメージしたHMが掲出された。
'17.11.19 紀勢本線 道成寺―和佐 P:前川昌廣
20171120181910-c81ed0501d1ba112dd859b3fb51b0ca274d0ef81.jpg
復路は〈はやたま〉をイメージしたHMを掲出。
'17.11.19 紀勢本線 南部ー岩代 P:松田信彦
 11月19日、"サロンカーなにわ"(7輌編成)を使用した団体臨時列車が紀勢本線和歌山~南紀白浜間で運転された。
 牽引機は網干総合車両所宮原支所のDD51 1191(和歌山方)、1193(白浜方)の重連であった。
 なお運転に際しては、往路は〈くろしお〉、復路は〈はやたま〉をイメージしたオリジナルヘッドマークが掲出された。
大谷真弘(静岡県)
20171120173956-08e12c9d72b8f14614a4a78b7c4b391021da1bd3.jpg
雨の中、新鶴見(信)から笠寺までEF66 30が代走。
'17.11.18 東海道本線 菊川―掛川
 去る11月18日、所定では新鶴見信号場~笠寺間を吹田機関区所属のEF210形が牽引する2053列車〈トヨタ・ロングパス・エクスプレス〉を、同区のEF66 30が代走牽引した。
 ちなみにこの列車は、東北本線盛岡貨物ターミナル~新鶴見信号場間(4054列車)は仙台総合鉄道部所属EH500 57により牽引されている。
久保田健一(神奈川県)
20171120161944-542433b4ca35ebbf74b702fc6db67548efef6294.jpg
E235系デビュー以来、営業線上では初と思われるヘッドマーク掲出列車。
'17.11.19 山手線 五反田―目黒
 JR東日本では、山手線沿線の街歩きを紹介するキャンペーンの一環として、11月18日と19日に池袋駅を中心に「池袋鉄道まつり2017」を開催、両日ともに「山手線一周乗車体験」と銘打った団体臨時列車〈池袋鉄道まつり号2017〉が池袋発池袋着(外回り)で運転された。
 この団体臨時列車にはE235系トウ01編成が起用され、池袋のイメージキャラクターであるフクロウがデザインされたヘッドマークが掲出され注目を集めた。これは同系列デビュー以来、営業線上では初のヘッドマーク掲出列車と思われる。
橋本 淳(滋賀県)
20171120154428-33a4ffb66505b7e29028b259f3d132ba3320c328.jpg
積み込み設備を背景に停車するKE65 3+KE65 5+ホキ1000×14輌。(敷地内から許可を得て撮影)
'17.11.19 衣浦臨海鉄道碧南線 碧南市
 衣浦臨海鉄道では10月14日~16日までの3日間、「鉄道の日」を記念して自社が保有するKE65にヘッドマークを掲出して、貨物列車を牽引した。
 だが、3日間とも悪天候であったことから「社員手作りのヘッドマークも見映えがせず残念に感じている」といった衣浦臨海鉄道の方々の粋な計らいで、11月15日が半田線開業記念日ということから11月18日と19日に再度ヘッドマークの掲出が行われた。
 せっかくの計らいながらも18日は雨が降るなどの悪天に見舞われたが、19日は曇り模様もときどきあったものの、全体的には天候に恵まれた模様であった。
 なお碧南市駅、半田埠頭駅では、業務の合間を縫って「撮影場所と撮影時間」を提供していただき、わずかな時間ながらも駅構内に立入見学・撮影することが許可された。
福田智志(埼玉県)
20171120142310-9b95d2a8b8172aa966911ad307e699accd274250.jpg
晴天の中、さまざまな東武の車輌たちが勢ぞろいした。
'17.11.19 東武鉄道 南栗橋車両管区
20171120142438-511c3f7c429fca20216f597d6cd57ad37b98b6df.jpg
車体洗浄線体験に使用された50050系と634形"スカイツリートレイン"の並び。
'17.11.19 東武鉄道 南栗橋車両管区
 東武鉄道では、11月19日に「2017東武ファンフェスタ」を南栗橋車両管区で開催した。「東武ファンフェスタ」は例年12月上旬に開催されているが、今年は11月に開催された。
 車輌撮影会は500系"リバティ"、100系"日光詣スペーシア"、250系〈りょうもう〉、1800系、8000系8111編成、60000系、70000系の7種類が並んだ。
 他にも事前応募制のイベントとして、「アント」が牽引する車掌車の乗車体験や、車輌洗浄線の乗車体験などが行われ、大勢の人々でにぎわった。
橋本 淳(滋賀県)
20171120123548-c86002a146a1cd124d749cff41e16c7be851ee10.jpg
秋晴れの空の下、播但線を試運転走行する2525号機。
'17.11.16 播但線 長谷―寺前
 11月16日、福知山電車区豊岡支所に所属するDE15 2525(単線用ラッセル車)を用い、豊岡~(山陰本線経由)和田山~(播但線経由)寺前間を1往復する試運転(乗務員訓練)が実施された。
 乗務員訓練では、駅、鉄橋、踏切、トンネル等に近づくと、ラッセル車に乗車している保線作業員が沿線に設置されている雪掻車警標(標識)に合わせてラッセル車のウイングを開閉させたり、フランジャーを上下させる様子が見られた。
 JR西日本福知山支社では、新たに豊岡支所に導入されたキヤ143系の試運転(乗務員訓練)を11月6日から開始しており、試運転初日(豊岡~東浜間往復)の出発前に豊岡駅構内で行われた点検の様子が、報道陣に公開されている。
 なお、ラッセル車は、天気予報で30cm以上の降雪が予想される時に出動するとのことだ。



掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2017年11月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.