鉄道ホビダス

2017年11月 8日アーカイブ

藤井浩貴(京都府)
20171108210726-a6a8a31688295a8f0054e35f217e9c3c84d06302.jpeg
吹田へ輸送される103系
'17.11.7 東海道本線 島本―高槻
 11月3日~6日の間、京都鉄道博物館にて展示された103系(クハ103-802+クハ103-843)が11月7日、吹田へと返却された。
 返却にあたり、牽引車として吹田総合車両所京都支所のクモヤ145-1051+クモヤ145-1201が連結された。
木村公紀(滋賀県)
20171108204924-97e2df5f9cc4563d0ea40b07ca55b68934ea0af8.jpg
301系を種車とした4編成目が登場した。
'17.11.7 近江鉄道水口・蒲生野線(本線) 水口
 10月中旬ごろより、近江鉄道100形の4編成目となる104編成(104+1104)が運転を開始している。
 これまで竣工している101~103編成は、西武鉄道より譲渡された新101系2輌編成を改造した車輌であるのに対し、今回の104編成は2012(平成24)年に譲渡された301系303編成を種車としており、クハ1303-モハ303-モハ304-クハ1304のモハ車にクハ車の先頭部分を接合し竣工した編成である。
 接合された強度維持のためか、103編成までとは違い乗務員室扉後ろの小窓がないのが特徴である。また101編成と同様スカートが装備され、シートモケットは張り替えられることなく茶色のままとなっている。
 他に従来編成と異なる点として、車内客用ドア上に開閉ランプが設置されている。
山﨑遥大(愛媛県)
20171108194031-7ca95909527a2a88e579e3300b32896967623926.jpg
濃霧の内子線を駆け抜けるホビートレイン。
'17.11.3 内子線 内子―伊予立川
20171108194701-b4814b33eceaa5dbbc7128d3677de7d63754b4c8.jpeg
翌日の「宇和島運転区ふれあい祭り」に展示のため、大洲城をバックに回送。
'17.11.4 予讃線 伊予大洲―西大洲
 11月3日開催の「松山運転所ふれあい祭り」で展示する"鉄道ホビートレイン"キハ32 3と"海洋堂ホビートレイン"キハ32 4が同日、定期列車626Dのキハ185系3100番代2輌に連結されて松山へ回送された。
 検査時などに別々に回送されることは年に数回あるものの、両ホビートレインが連結して回送されるのは極めて珍しいことと思われる。
 また、翌4日には同日開催の「宇和島運転区ふれあい祭り」に両車を展示するため、定期列車4911Dに増結され宇和島へ送り込まれた。
 4911Dは毎日キハ54 4"しまんとろっこ"車で運転されていることから、同日はキハ54 4+キハ32 4+キハ32 3という"予土線3兄弟編成"で運転された。
鶴井雅人(岩手県)
20171108125036-150f488c07fd40c6c4b65272319fc70bdc0ad83c.jpg
山田線の不通区間となっていた区界峠に約2年ぶりに戻ってきた快速〈リアス〉。
'17.11.5 山田線 上米内―区界
 2015(平成27)年12月11日に発生した、岩手県宮古市内の松草―平津戸間での線路への土砂流入による列車脱線に伴い不通となっていた、盛岡市の上米内駅と宮古市の川内駅との間51.6kmの区間が11月5日より運転を再開した。これにより盛岡~宮古間の山田線山線区間が全通した。
 当日は運転再開を祝い、盛岡・宮古駅で記念のセレモニーが行われた。
 盛岡~宮古間を全線走行する列車は4往復が運転されることになる。


レイル・マガジン

2017年11月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.