鉄道ホビダス

JR貨JR東】新型レール輸送車 甲種輸送

松田信介(大阪府)
20171031173311-c08c062819e4b3ac9dea067de61444093f1db670.jpg
ついに姿を現したレール輸送車
'17.10.31 日本車輌専用線 P:松田信介
20171031194640-8a3045b833fdd0f4a7a90d809ff7d85738b877dc.jpg
DE10に牽引され、西浜松へ向かう
'17.10.31 東海道本線 鷲津―新居町 P:伊藤利雄
 10月31日、日本車輌にて製作されたJR東日本の新型レール輸送用車輌(キヤE195系)のうち8輌が豊川~西浜松間で甲種輸送された。牽引機は愛知機関区所属のDE10 1723であった。
 JR東日本の9月5日付プレスリリースによると、この車輌は機関車牽引でのレール輸送列車の置き替えを目的として仙台地区への導入が予定されているもの。残りの3輌は翌日輸送され、西浜松より併結のうえ11輌となって小牛田まで輸送されるものとみられる。
レイル・マガジン

2017年10月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.