鉄道ホビダス

【JR東】「豊田車両センターまつり」開催

大森岳人(東京都)
20171030171825-cfe147de75a607d650831aef3eda359910110490.jpg
左からE353系S102編成、E257系M101編成、189系M50編成が並ぶ。
'17.10.28 豊田車両センター
20171030174731-829c0a1a4e5348353f7cc3837440093ad6007dc9.jpg
撮影会遠望(車両センター脇の側道から撮影)。
'17.10.28 豊田車両センター
 10月28日、豊田車両センターにおいて「豊田車両センターまつり2017」が開催され、多くの来場者で賑わった。
 車輌展示では、豊田車両センター所属のE233系、長野車両センターの211系のほか、松本車両センターのE353系量産車S102編成9輌、E257系M101編成9輌が見られ、また豊田車両センター189系M50編成が〈あずさ〉表示で展示された。
 車輌展示後半には長野車両センター189系N102編成も入線し、こちらは〈はまかいじ〉を表示。中央本線から横浜線へ直通したかつての〈はまかいじ2・3号〉を思い出させる一幕があった。
 なお、201系クハ201-1については昨年までは検車庫から顔だけ出す形で展示されていたが、今年は本線側検修庫前に据え付けられ、展示は行われなかった。
 また、E353系についてはJR東日本長野支社より、12月23日から8往復の〈スーパーあずさ〉のうち4往復で営業運転開始されることが10月26日に発表されている。
レイル・マガジン

2017年10月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.