鉄道ホビダス

【JR東】〈115系信越120th〉 一次新潟色で運転

齋藤有希(埼玉県)
20171002152907-6cf2a321e361784472e077a0624bd813073a1f75.jpg
東三条に停車中の115系N37編成。
'17.9.30 信越本線 東三条
 信越本線の犀潟~北条間および東三条~亀田間が今年で開業120周年を迎えることに伴い、「一次新潟色」となった新潟車両センター所属の115系N37編成による臨時列車〈115系信越120th〉が、9月30日・10月1日に新潟~直江津間でそれぞれ1往復運転された。
 なお、「一次新潟色」は国鉄からJRへの転換期に新潟地区で採用されていた塗色で、雪をイメージした白い車体に日本海の青と県花の雪椿の赤のラインが施されているのが特徴である。
レイル・マガジン

2017年10月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.