鉄道ホビダス

2017年10月24日アーカイブ

海老澤瑛一(埼玉県)
20171024164826-319be1028e0fe1029e060fae526742317d67b2d7.jpg
全てのパンタグラフを上げたEF64 1000番代の重連が、雨の上州路を走る。
'17.10.21 上越線 新前橋―群馬総社 P:海老澤瑛一
20171024165240-bd20af752f9e6bca29038dcabe54f699b15652b5.jpg
原色のEF64が重連で牽引する〈ELみなかみ〉号。岩本駅へ入線する。
'17.10.21 上越線 津久田―岩本 P:笠原総人
20171024165012-4cb6bf41c1c05da1de447ab64dc24b757c4833bf.jpg
小雨がぱらつく中、「山男」の重連が上越線を駆けていった。
'17.10.21 上越線 沼田―後閑 P:月岡秋人
20171024165353-9b3508d6acc640336b067042ba8d54a387e6870c.jpg
利根川を渡る〈ELみなかみ〉号。
'17.10.21 上越線 敷島―渋川 P:笠原総人
 10月21日、快速〈ELみなかみ〉号が高崎~水上間で1往復運転された。
 同列車は12系客車5輌が使用され、高崎方をEF64 1052、水上方をEF64 1053(いずれも高崎車両センター高崎支所所属)とした重連で運転された。
橋本青空(大阪府)
20171024163333-ea091d9c99ee398d96462c7f9f404685b845f50c.jpg
検査明けの出場試運転を行う3000系3062編成。
'17.10.23 阪急電鉄京都線 茨木市―南茨木
 阪急電鉄では10月26日、西宮車庫所属の3000系3062編成が正雀~桂間で検査明けの出場試運転を行った。
 3000系は5日に3082編成が西宮車庫から正雀へ廃車回送されており、同編成も存続が危ぶまれていた。
勝浦帆玖斗(静岡県)
20171024161334-adca3ec312b7d53d1cd88e8ab3d6b1aab513eaa6.jpg
「SLフェスタ」ヘッドマークを掲出して走る1004列車。
'17.10.22 大井川鐵道大井川本線 福用―神尾
20171024161550-82c1d45e5dcfb8cea786ab91259992e1fd0f3f74.jpg
緑の中を走る102列車。
'17.10.22 大井川鐵道大井川本線 大和田―福用
 大井川鐵道では10月21日・22日、新金谷駅構内にて「SLフェスタ in 新金谷」を開催した。
 悪天候によりC10 8のSL運転体験が両日とも中止されたものの、同駅構内にはそれぞれ「SLフェスタ」のヘッドマークを掲出したC11 190、C11 227、C10 8が並んだ。
 また、鉄道写真家の中井精也さんを招いたE31形の日中撮影会や夜間撮影会に加え、E34形の添乗体験、大代側線では井川線のDD201・スロフ313・クハ604を使用した体験乗車が行われた。
 なお、21日に運転された蒸機列車の牽引機は、101~102列車がC11 227、1003~1004列車がC11 190で、22日の101~102列車はC11 190、1003~1004列車がC11 227であった。
麻生航太郎(大分県)
20171024160446-4cebf91111a56ea9d44f361ec7b382786add9a92.jpg
今年の展示は大分車両センターの車輌のみで構成された。
'17.10.21 大分車両センター
 10月21日、大分車両センターにて一般公開イベント「2017 トレインフェスタ in 大分」が開催された。
 今年は、キハ185系およびキハ200系を使用した園児の絵画展や、787系の運転台見学、883系の振り子実演、キハ125形を使用した転車台体験などが行われた。
 また、JR九州のCMに登場する「HKT48」の兒玉遥さんと、同じく「HKT48」の矢吹奈子さんのトークショーも会場内で行われ、雨の中ではあったが賑わいを見せた。
野村祐介(東京都)
20171024155703-3539db72fe7f20736cbcf08eca395e14d0e70e87.jpg
JR発足30周年を迎えた今年の目玉は、新旧ラッセル車のコラボ。
'17.10.14 後藤総合車両所
 後藤総合車両所では10月14日、一般公開が行われた。
 今回はJR発足30周年を記念し、新旧ラッセル車の運転席が初めて公開されたほか、車体吊り上げや車輌部品展示、各種体験コーナーやスタンプラリーなど多くの催し物があった。
 展示車輌としてはこのほか、285系〈サンライズ出雲〉や製造途中である一畑電鉄7004号車、先日岡山色から朱色に塗り替えられたキハ47 142が並んだ。
大下秀幸(山口県)
20171024154524-593394da252b4e39c50bf70bb2e635714765393d.jpg
115系"サンフレッチェ電車"や〈瀬戸内マリンビュー〉などの車輌が並んだ。
'17.10.21 下関総合車両所
20171024154617-cc33e761ed589e69ea5509c8dc5878ba4807bcda.jpg
引退したSL〈やまぐち〉号の12系レトロ客車も展示された。
'17.10.21 下関総合車両所
20171024154721-e9730556c651114610670a1a40a43a771343da7f.jpg
オハ12 703は庫内で仮台車を履いた状態だった。
'17.10.21 下関総合車両所
 下関総合車両所で10月21日、施設を一般公開する恒例の「鉄道ふれあいフェスタ2017」が開催された。
 展示車輌として、115系"サンフレッチェ電車"やキハ47形〈瀬戸内マリンビュー〉、227系、EF65 1126、クモハ42001が並んだ。
 また、9月に引退したSL〈やまぐち〉号の12系客車のうち、簡易展望室を備えるオハ12 703を除いた4輌も展示され、車内が開放された。なお、オハ12 703は庫内で仮台車を履いた状態で、整備中のようであった。同編成の今後の動向が注目される。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2017年10月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.