鉄道ホビダス

2017年10月23日アーカイブ

【JR貨】EF65 2065 国鉄色に

江田靖彦(埼玉県)
20171023161512-e0edb290fd0cdb10aff6bd90981b3ee75bdd201d.jpg
美しく国鉄色に復元されたEF65 2065。写真は試運転線での走行であるが、JR貨物30周年のヘッドマークを掲出している。
'17.10.23 大宮総合車両センター試運転線
 大宮車両所に入場していたEF65 2065(新鶴見機関区所属)の外装が、国鉄色に復元された。
 同機は10月23日に性能確認と思われる試運転を鉄道博物館前までの試運転線で行ったが、その際にはJR貨物30周年のヘッドマークが掲出された。
 JR貨物のEF65が国鉄色に復元されるのは2016(平成28)年の2139号機に続くもので、今後の活躍が期待される。

【JR西】キハ47 142 朱色に

大森晴斗(岡山県)
20171023152416-153290fc947958ed464102c44fb8f6a92bd445bb.jpg
倉敷駅に停車中のキハ47 142。
'17.10.20 伯備線 倉敷
 9月から後藤総合車両所に入場していた岡山気動車区のキハ47 142であるが、このほど同所を出場し、10月20日に米子→岡山間で配給輸送された。牽引機は岡山電車区のDE10 1151であった。
 キハ47 142は、キハ40系の中で最後まで残った岡山色の車輌であったが、今回の全般検査で朱色(首都圏色)に変更された。
 なお、8月から後藤へ入場していた岡山色のキハ40 2036についても朱色に変更され、10月5日に同所を出場した。


◆関連記事

listmark【JR西】岡山色のキハ47 142 後藤へ

大谷真弘(静岡県)
20171023145841-7498be87238288a850f0aa2eafbd0c2326873b77.jpg
小田急"EXEα"30052編成が甲種輸送された。
'17.10.20 東海道本線 菊川―掛川 P:大谷真弘
20171023150500-2fe565d18b0e5d9d02d070ea5bb1abd6768ec727.jpg
EF81 139の牽引で輸送される小田急4000系。
'17.10.20 武蔵野貨物線 大宮(操)―武蔵浦和 P:椎橋 甫
 日本車輌製造豊川製作所で改造された小田急電鉄30000系"EXEα"30052編成(4輌)が、10月20日に豊川から松田まで甲種輸送された。牽引機は、豊川~西浜松間が愛知機関区所属のDE10 1557、西浜松~松田間が新鶴見機関区所属のEF65 2101であった。
 また、同日には大宮総合車両センターに入場していた小田急4000系4054編成が大宮~東大宮(操)~大宮(操)~馬橋~松戸の経路で輸送された。こちらの牽引は全区間で田端運転所のEF81 139が行った。
高田京佑(北海道)
20171023144827-a5edd32ed89cf31fb52075dd094919cc7b7d0a16.jpg
川湯温泉駅に入線する〈阿寒摩周国立公園誕生記念号〉。
'17.10.22 釧網本線 川湯温泉
 10月21日・22日、JR北海道釧路支社などが主催する団体臨時列車〈阿寒摩周国立公園誕生記念号〉が釧路~川湯温泉間で運転された。
 編成は釧路運輸車両所のDE10 1660+"ノロッコ号"客車で、特製ヘッドマークおよびサボが掲出された。
 この列車を利用したツアー商品は日帰りと1泊の2種類が用意され、両日ともに大勢の観光客で賑わった。
小塚雅生(秋田県)
20171023142952-9317f51b82afa9ef01eaca51e1cd4cbc32b5a1ea.jpg
ぶどう色から直流機標準色となったEF64 1001(高崎車両センター高崎支所所属)。
'17.10.19 奥羽本線 土崎―秋田
 秋田総合車両センターへ全般検査のため入場していたEF64 1001が、10月19日に同センター構内で試運転を行った。
 同機は、今回の入場で塗装が直流機標準色へ変更され、訪れたファンの注目の的になっていた。これからの活躍に期待したい。
中村直樹(埼玉県)
20171023135531-60e7f08f7455bbed72e4fe1dd7ceb1b0a320fb99.jpg
同一線路上で停車中の101系263編成・253編成。向かって右隣の線路には手前から30000系32102編成・40000系40103編成が並ぶ。
'17.10.18 西武鉄道 小手指車両基地
20171023135244-52456985ceb4bc7df8264ca5def104d80d3ed810.jpg
台風に伴う雨の中、多摩川線100周年のマークを剥がして回送される247編成。
'17.10.22 西武鉄道池袋線 西所沢
 西武鉄道では10月20日~22日に多摩川線の車輌交換を実施し、101系253編成が小手指車両基地から白糸台車両基地へ、同247編成が白糸台車両基地から小手指車両基地へ輸送された。
 このうち、JR線武蔵境~新秋津間の牽引機は、21日の新秋津~新座貨物ターミナル~八王子間がEF65 2101(新鶴見機関区所属)、22日の八王子~武蔵境~八王子がEF65 2085(同)、八王子~新秋津がEF65 2087(同)であった。また、新秋津から先の西武線内は101系263編成が牽引した。
 なお、101系247編成に貼り付けられていた多摩川線開業100周年記念ステッカーは、今回の車輌交換前に白糸台車両基地にて剥がされている。ちなみに、同263編成は10月15日に新秋津~小手指間で40000系40103編成を輸送してから新宿線系統には戻らなかったため、小手指車両基地内で40103編成および回送準備中の253編成・263編成が至近で並ぶ様子を見ることができた。


◆関連記事

listmark【西武】40103編成 小手指に到着

listmark【西武】多摩川線新101系に開業100周年イベントラッピング


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2017年10月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.