鉄道ホビダス

【JR東】E231系0番代 武蔵野線仕様で秋田を出場

大野貴行(埼玉県)
20170922142701-5ec201ee1df55f37e911e1bfaa9d54b4e977cc13.jpg
登場から約18年、ついにE231系の本格的な転用が始まった。
'17.9.19 東北本線 大宮―大宮(操)
 9月19日、秋田車両センターで武蔵野線への転用改造工事を受けていた、もと三鷹車両センター所属のE231系0番代B22編成のうち7輌と、B5編成に組み込まれていたサハE231-14を合わせた計8輌が、改造を終えて同所を出場し、新たな所属区となる京葉車両センターまで配給輸送された。
 編成番号は新たにMU2編成となる模様で、5号車にあたるサハE231-64には線路の状態を監視するモニタリング装置も設置された。
 なお、牽引機は全区間が長岡車両センター所属のEF81 140であった。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2017年9月   

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.