鉄道ホビダス

2017年9月 4日アーカイブ

大下秀幸(山口県)
20170904152929-a7dc61999ab937c0a8672a87f84d3deb8ad9f271.jpg
C57には幕末の志士「高杉晋作」をモチーフにしたヘッドマークが掲出された。
'17.9.2 山口線 宮野―仁保 P:大下秀幸
20170904153344-2c9e5ca98b787d936afa425a164444a15b238f48.jpg
同日に津和野→新山口を走った〈SL『ありがとうレトロ客車』号〉。特製ヘッドマークを掲出したC56 160がDD51 1043との重連で12系レトロ客車を牽引。
'17.9.2 山口線 大歳―仁保津 P:松田信彦
20170904153500-c12023e0627350019535e30af06792439147b584.jpg
無火状態ではあったものの、新山口3番ホームに展示されたD51 200。後方に連結されているのはDE10 1531。
'17.9.2 山口線 新山口 P:松田信彦
20170904153947-9860c7c7755e7db5df34049121303a7f1588cc57.jpg
これも2日に運転された〈やまぐちDCオープニング号〉。12系客車がEF65 1133の牽引で下関を目指す。
'17.9.2 山陽本線 埴生―小月 P:大下秀幸
 9月1日、「幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーン(山口DC)」が開幕し、初の土曜日となった2日にはSL〈やまぐち〉のほか、蒸機や客車を使用した臨時列車が2本運転された。
 このうち、2日のSL〈やまぐち〉から、35系4000番代(5輌)が営業運転を始めた。牽引機はC57 1で、幕末の長州藩士「高杉晋作」をモチーフにしたキャンペーンの特製ヘッドマークが掲出された。
 また同日には、SL〈やまぐち〉での運用から退いた12系レトロ客車(5輌)を使用し、臨時快速列車〈SL『ありがとうレトロ客車』号〉が津和野→新山口間で運転された。途中の篠目では35系によるSL〈やまぐち〉との列車交換も行われた。牽引機はC56 160+DD51 1043で、C56には「ありがとうレトロ客車 1979.8.1~2017.9.2」と記された特製ヘッドマークが掲出された。
 さらに、網干総合車両所宮原支所の12系客車(青色:5輌)を使用した〈やまぐちDCオープニング号〉が、同じく2日に広島~新山口~下関間で運転された。往路の広島~新山口間が1号、新山口~下関間が3号、復路の下関~新山口間が回送、新山口~広島間が2号として運転された。牽引機は下関総合車両所のEF65 1133で、ヘッドマークは掲出されなかった。
橋本 淳(滋賀県)
20170904140311-74cd9127c6d54d84217586d2f5b37695478e070b.jpg
晴天のなか、特製ヘッドマークを掲げて走る"サロンカーなにわ"。
'17.9.2 東海道本線 近江八幡―安土 P:小西泰平
20170904140053-f90504f3deb1a0b3d24d8629acec0e19ed794115.jpg
早朝の琵琶湖線を走行するEF81 114+14系欧風客車"サロンカーなにわ"。同車は7月20日に、網干総合車両所での全般検査を終えて出場したばかり。
'17.9.3 東海道本線 能登川―安土 P:橋本 淳
20170904140511-5270a316a032d8baa392054cfddad932cc7accf6.jpg
高山本線富山~猪谷間の臨時快速列車はキハ40・47の3連で運転。同区間で通常は運転されないキハ40系同士の交換がみられた。
'17.9.3 高山本線 西富山 P:松田信彦
 富山県富山市八尾地区で毎年9月1日から3日まで行われる「おわら風の盆」に向けて、今年も高山本線を中心に臨時列車が運転された。
 このうちツアー「特別貸切列車サロンカーなにわで行く おわら風の盆と五箇山 お手軽0泊2日」に伴う団体臨時列車は、網干総合車両所宮原支所に所属する14系欧風客車"サロンカーなにわ"を使用し、網干総合車両所宮原支所~大阪~米原~福井~金沢総合車両所間(うち客扱いは大阪→金沢、金沢→大阪間)で1往復運転された。往路が2日の午前中から午後にかけて、復路が翌3日未明から早朝にかけての運転であった。
 牽引機は敦賀地域鉄道部敦賀運転センター所属のEF81 114で、〈サロンカーおわら〉のヘッドマークが掲出された。これは、2010(平成22)年まで大阪~越中八尾間で運行されていた臨時特急〈おわら〉のヘッドマークを模したものと思われる。
 そのほか、高山本線富山~猪谷間では1日~3日に、キハ120による定期普通列車の4輌への増結や運転区間の延長、キハ40・キハ47(3連)による臨時快速列車の運転など、上下計40本の列車が増発された。
 なお、JR東海でも1日・2日に名古屋~高山間の〈ワイドビューひだ15号〉を越中八尾まで延長運転したほか、越中八尾~高山間で臨時の〈ワイドビューひだ90号〉を運転した。
石原幸司(北海道)
20170904134620-8baccc8a8457701c74e70d971ffe0c1dba703cf0.jpg
晴れ間のタイミングでやって来てくれました。
'17.9.1 函館本線 大沼―仁山 P:桑原 潤
20170904134524-331d2558705f46ae3b294820a931b3842d171bb6.jpg
砂原線をゆくキハ183系スラント車編成の臨時特急〈ニセコ〉。
'17.9.2 函館本線 流山温泉―池田園 P:鶴井雅人
20170904133220-de92574c0a251c35771262cb5697b2fa8aa16d49.jpg
車輌は違えど懐かしいヘッドマークを掲出して運転。
'17.9.3 函館本線 二股―黒松内 P:石原幸司
 8月31日~9月5日・7日~12日までの予定で、札幌~ニセコ~函館間(函館本線経由)で特急〈ニセコ〉号が運転されている。
 使用車輌はキハ183系0番代で、かつて急行〈ニセコ〉号で使用されていた14系客車のテールマークと同じデザインのヘッドマークが掲出された。
レイル・マガジン

2017年9月   

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.