鉄道ホビダス

【JR西】営業列車が北方貨物線を走行

松田重彦(大阪府)
20170802141541-7b8f28b3d94ba4d3d0f1708e5e1d5d21e5edc080.jpg
山陽新幹線の高架下を行く117系T2編成(4輌減車の4輌)。
'17.8.1 北方貨物線 塚本信号場―宮原(操)
 8月1日、通常は主に貨物列車と回送列車が走行する北方貨物線を、吹田総合車両所京都支所所属の117系T2編成が営業列車として走行した。
 これは山家→天理間の団体臨時列車が、山家→福知山→尼崎→北方貨物線→吹田信号場→天王寺→奈良→天理(山陰・福知山・東海道・北方貨物・梅田貨物・大阪環状・関西・桜井線)経由で運転されたことによるものである。
 北方貨物線は時折工事等の都合により〈サンライズ〉号が迂回運転することはあるものの、日中の旅客列車が乗客を乗せて走行することは貴重なものと思われる。
レイル・マガジン

2017年8月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.