鉄道ホビダス

【阪堺+南海】「前方後円墳」のHM掲出

松田信介(大阪府)
20170809154453-2921bb94a484ffc65bd0082a6c864c9ff3819f08.jpg
「前方後円墳」ヘッドマークを掲出する阪堺1001形1002号"紫おん"。
'17.8.8 阪堺電気軌道上町線 天王寺駅前―阿倍野
 阪堺電気軌道および南海電気鉄道では、7月末に「百舌鳥・古市古墳群」がユネスコ世界文化遺産の国内推薦候補に決定したことを受け、8月8日から一部の車輌に「前方後円墳型ヘッドマーク」を掲出している。
 掲出期間は2018(平成30)年1月31日までの予定で、前方後円墳をかたどったヘッドマークを南海9000系(6輌編成)×1本、同6200系(6輌編成)×1本、阪堺モ351形×5輌に掲出する。
 なお、阪堺1001形"堺トラム"×3輌にのみ、前方後円墳をあしらった円形のものを掲出している。
レイル・マガジン

2017年8月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.