鉄道ホビダス

【小湊鐵道】キハ5800形を公開

久保田健一(神奈川県)
20170828173556-593eadde94210340b85f9ff674ccd3861bcf2467.jpg
製造から100年を超えるキハ5800。
'17.8.27 小湊鐵道 五井機関区
 小湊鐵道は8月27日、創立100年を記念して五井機関区の一般公開を行った。
 このイベントでは、長年に渡り検修庫内で保管されてきたキハ5800形が公開され、大勢の来訪者で賑わった。
 同車は1914(大正3)年日本車輌製の鉄道院デハニ6465として登場し、以後数度の改番を経て1932(昭和7)年には三信鉄道(現:飯田線)へ転じデ301となった。同鉄道の国有化後も数度の改造を加えられながら使用され続け、クハ5800となってのち1959(昭和34)年に国鉄で廃車、翌年気動車化され小湊鐵道へ移った。同社ではキハ5800として1997(平成9)年まで車籍が残った。以降も五井機関区にて保管されており、車齢は100年を超える。
レイル・マガジン

2017年8月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.