鉄道ホビダス

2017年8月28日アーカイブ

久保田健一(神奈川県)
20170828173556-593eadde94210340b85f9ff674ccd3861bcf2467.jpg
製造から100年を超えるキハ5800。
'17.8.27 小湊鐵道 五井機関区
 小湊鐵道は8月27日、創立100年を記念して五井機関区の一般公開を行った。
 このイベントでは、長年に渡り検修庫内で保管されてきたキハ5800形が公開され、大勢の来訪者で賑わった。
 同車は1914(大正3)年日本車輌製の鉄道院デハニ6465として登場し、以後数度の改番を経て1932(昭和7)年には三信鉄道(現:飯田線)へ転じデ301となった。同鉄道の国有化後も数度の改造を加えられながら使用され続け、クハ5800となってのち1959(昭和34)年に国鉄で廃車、翌年気動車化され小湊鐵道へ移った。同社ではキハ5800として1997(平成9)年まで車籍が残った。以降も五井機関区にて保管されており、車齢は100年を超える。

【JR貨】EF210-311 運用開始

中司朔良(兵庫県)
20170828172928-d002143777a0781b3602810593649ab4d566e762.jpg
5085レを牽引し、2時間遅れで西下するEF210-311。
'17.8.27 東海道本線 甲南山手
 吹田機関区では8月27日、EF210-311が同区A171仕業に充当され、吹田信号場以西の5085レの先頭に立った。初仕業とみられるが、同列車は吹田信号場を約2時間遅れで出発した。
 なお同機は、先に運用を開始した310号機と同様、車体側面の「JRF」マークが省略されている。
松田信彦(大阪府)
20170828164954-c9b75a92229f9a15b9b15bf070a909ac6662ef0d.jpg
晴天のもと姫路へと向かうクモヤ443。
'17.8.27 播但線 新野―鶴居
 8月27日、吹田総合車両所京都支所所属のクモヤ443が、姫路~寺前間の播但線電化区間で検測を行った。
 当日は晴天に恵まれ日曜日ということもあり、沿線には多くのレイル・ファンが訪れていた。
宮島昌之(石川県)
20170828162959-8b8015ee61d5fbad28589399060a4a85ea10723f.jpg
〈トワイライトエクスプレス〉のヘッドマークを掲げたEF81 43による来場記念撮影スポット。逆エンドは寝台特急〈日本海〉のヘッドマークを掲出。
'17.8.27 金沢総合車両所松任本所
20170828163222-a020dbdb3a4d3659cafa2315248fe972ec3083a4.jpg
521系J18編成を使用した天井車体クレーンの実演。
'17.8.27 金沢総合車両所松任本所
20170828163242-6d4da16ca36470f299de7942299492dab136e4f1.jpg
外装の傷みが著しいものの、構内には今春に廃車となった475系A19編成(国鉄急行色)各車輌の姿があった(写真はクモハ475-46)。
'17.8.27 金沢総合車両所松任本所
 8月27日、金沢総合車両所松任本所で一般向けの公開イベントが開催され、多くの家族連れやレイル・ファンで賑わった。
 屋外ではEF81 43(廃車:〈トワイライトエクスプレス〉色)を使用した「トワイライトEL展示・撮影コーナー」や、敦賀地域鉄道部敦賀運転センター所属で導入間もないキヤ143-9の展示のほか、金沢総合車両所所属の683系2000番代R10編成(〈サンダーバード〉色:リフレッシュ施工済)を使用した「車掌体験・運転台見学」、枕木交換の実演などが行われた。
 一方、屋内では金沢総合車両所所属の521系J18編成を使用した天井車体クレーンやトラバーサーによる移動実演、同所属の681系N02編成(〈しらさぎ〉色)の「運転台見学」なども行われた。
 このほか、軌道検測装置・レール探傷器・電車線検査用軌陸車の展示や、踏切の「非常押しボタン体験」などもあわせて行われた。
 なお、今年はJR発足30周年の節目であることから、「JR西日本の車両30年のあゆみ」と題した年表のパネル展示やチラシの配布も行われた。
天本 翼(神奈川県)
20170828161653-be81640f40ec6d7c73e90e6ff5ef6fbafd65be66.jpg
国鉄時代に製造された電車・機関車達が並んだ。
'17.8.26 東京総合車両センター P:天本 翼
20170828162415-0a0b8d5b9a44bd3d08bdb2afc034d79e306830db.jpg
センター内には転用改造中のE231系500番代(左)、検査中の中央線快速用E233系(右)の姿も。
'17.8.26 東京総合車両センター P:崎山喜一朗
 毎年恒例の一般公開イベントである「東京総合車両センター夏休みフェア2017」が、8月26日に同所で開催された。
 メインイベントである車輌展示では、EF65 1115(田畑運転所所属)、EF81 81(同)、クモハ12052(中原電車区所属)、クモヤ143-8(東京総合車両センター所属)が並んだほか、車両センター内では中央・総武緩行線への転用改造を受けているE231系A510編成を見ることもできた。
 また、車軸の引っ張り体験、車体上げ下ろしの実演、密着連結器付け外しの実演等が行われ、会場は多くの家族連れやレイル・ファンで賑わった。
池田智哉(兵庫県)
20170828154355-73af91e50b16724ec47f0d1706d53564d5fedadb.jpg
八鹿にむけ走行する(左から)キハ40 2007+MF201+KTR707。
'17.8.26 山陰本線 江原―宿南信号場
20170828161248-a8d9b2b4835460393499475bfb5ec6b9b00eacc2.jpg
運転日前日にはキハ40 2007が豊岡~荒河かしの木台間で回送された。
'17.8.24 山陰本線 江原―宿南信号場
 8月25~26日にかけて、〈ぐるっと北近畿〉の3度目の運転が行われた。編成は前回までと同じくキハ40 2007"天空の城 竹田城跡号"(福知山電車区豊岡支所所属)+京都丹後鉄道MF201+同KTR707"くろまつ"であった。
 今回は、25日に福知山を出て天橋立まで営業運転を行い、天橋立~西舞鶴間で回送され同所で滞泊、翌26日は西舞鶴~天橋立間で回送のうえ、天橋立~八鹿間を豊岡経由で営業運転、乗客の降車後に一旦豊岡まで回送したのち、改めて八鹿~福知山間で営業運転を行った。
 なお、編成のうちキハ40 2007は、26日中に所属先まで返却回送された。また〈ぐるっと北近畿〉の次回の運転は、9月中旬の予定である。

listmark【丹鉄+JR西】〈ぐるっと北近畿〉の話題(前回運転時のもよう)

山田 優(香川県)
20170828153500-5a84ce01587dab93d26cc5f037efdbad9114af92.jpg
四国への初入線を果たしたEF210-310。
'17.8.26 予讃線 八十場―坂出
 川崎重工業で新製され、8月2日に同所を出場したのち6日から19日まで京都鉄道博物館に展示されていたEF210-310(吹田機関区所属)であるが、25日の夜に77レで高松貨物ターミナルへ初入線した。
 また、翌26日には予讃線の3079レ~3078レで高松貨物ターミナル~伊予三島間を日中に1往復し、その美しい姿がレイル・ファンの注目を集めていた。
松下範彦(兵庫県)
20170828151020-7b7c2579bafb31732df7c0b0c25902d18bd5ee13.jpg
能勢電平野車庫にてスカートを取付けた後、阪急平井車庫へ回送される3170編成。
'17.8.26 阪急電鉄宝塚線 川西能勢口―雲雀ヶ丘花屋敷
 能勢電鉄は8月24日、3100系3170編成にスカート(排障器)を取付けた。
 なお、同社でスカートが取付けられたのは、1700系1754・1755編成に続いて3編成目である。
レイル・マガジン

2017年8月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.