鉄道ホビダス

【大阪市】残り6編成 御堂筋線10系の近況

井上遼一(大阪府)
20170830175412-d59ae8d7b2082294dca4f8e4433f5e7a6995e6f7.jpg
北大阪急行線を行く10系1116編成。10連化の際に増結された1716号車(写真手前から4輌目)は、1102編成の先頭車であった1802号車を運転室撤去のうえ中間車とした車輌で、冷房装置の位置が他の中間車と異なる異色の存在。1日でも長く活躍を続けてほしいところである。
'17.8.29 北大阪急行電鉄南北線 桃山台
 大阪市交通局初のチョッパ制御・冷房搭載車として登場し、御堂筋線で長らく主力車輌として活躍を続けてきた10系であるが、30000系の増備に伴って廃車が進んでいる。2017(平成29)年度に入ってからは6月上旬に1114編成が、7月中旬頃に1109編成がそれぞれ廃車され、現在チョッパ制御車で御堂筋線に残るのは1110~1113編成・1115編成・1116編成の計6本となった。
 なお、御堂筋線では今後も30000系が増備される予定で、10系の去就が注目されるところである。
レイル・マガジン

2017年8月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.