鉄道ホビダス

【JR西】キハ120 11 試運転を実施

橋本 淳(滋賀県)
20170724140808-51fdd6f7f8b6660883a754e61d6ac2ef7bbc5a32.jpg
晴天の下、気動車とは思えないほどの速力で試運転を行うキハ120 11。
'17.7.22 関西本線 柘植―新堂
 網干総合車両所にて全般検査を受けていた亀山鉄道部所属のキハ120 11が、検査を終えて、7月19日から20日にかけて所属先に配給輸送された。また、同車は22日に関西本線の亀山~加茂間を1往復する試運転を実施した。
 関西本線を走行する列車は、最近では一部を除きほとんどが2輌編成で運転されているため、1輌編成を見かける事が比較的少なくなってきている。
 なお、2021(平成33)年度までの予定で、JR西日本が保有するキハ120形は全車がリニューアルされる方針であることが報じられているが、今回の入場では同車への施工は見送られた模様である。
レイル・マガジン

2017年7月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.